マカオ国際空港、2023年の旅客数は約515万人…コロナ前2019年の5割強まで回復

 マカオの主要な空の玄関口、マカオ国際空港の運営会社にあたるCAMは1月4日、昨年(2023年)通期の各種統計資料を公表。

 2023年の旅客数は延べ約515万人、フライト発着回数は延べ4万2504回、単日平均旅客数は延べ約1.4万人、単日平均フライト発着回数は116回だったとのこと。コロナ前2019年と比較した回復率は旅客数が約54%、フライト発着回数が約55%とした。参考までに、同年のインバウンド旅客数の回復率は約7割。

 CAMによれば、現在25の航空会社が中国本土、台湾、東南アジア、東北アジアなど48都市を結んでおり、方面別の旅客数割合は中国本土線が58%、台湾線が15%、東南・東北アジア線が27%とのこと。

 CAMでは、今年(2024年)については、中国本土旅客ソースを確固たるものにすると同時に、海外及びマカオ拠点の航空会社との協力により中長距離の直行便または経由便の開拓を進めていくほか、東南・東北アジア旅客ソース向けのフライトを増やすため、外地の航空会社とともに観光プロモーションを強化し、マカオへの国際旅客の誘致に取り組む考えという。

 マカオ国際空港はタイパ島の北東部にあり、ポルトガル統治時代の1995年に開港。東南及び東北アジアとの短・中距離路線が主で、LCCの誘致に積極的なことでも知られる。2019年の年間旅客数は961万1427人で、2012年から8年連続の伸長、開港以来最多記録を2015年から5年連続の更新していたが、2020〜2022年はコロナ禍で旅客数が低迷を余儀なくされ、2023年に入って以降はアフターコロナで回復が進んでいる状況。

マカオ国際空港の出発フロアの様子(写真:CAM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun