マカオで今年初の輸入性マラリア感染例確認…患者はコンゴ民主共和国勤務

 マカオ政府衛生局(SSM)は2月1日夜、マカオで今年(2024年)初めてとなる輸入性のマラリア感染者が1人確認されたと発表した。

 患者はマカオ居民の男性(54)で、アフリカのコンゴ民主共和国で勤務しており、1月24日にマカオへ戻った後に頭痛、発熱、全身筋肉痛、咳、鼻水などの症状が現れ、医療機関を受診。その後、同月30日夜になって症状が悪化し、意識の低下、脱力、直立歩行不能となったため、救急車で私立の大型総合病院として知られる鏡湖醫院へ搬送され、そのまま入院することになり、同院での血液サンプル検査を経て悪性マラリアと診断されるに至り、病状は深刻とのこと。

 同局では、患者の外遊歴、発症時間、検査結果を総合し、輸入性マラリア感染例と判断。現在、患者は中国本土の医療機関へ転院して治療を受けており、患者と同住の家族及び同行者に類似の症状は出現していないという。

 同局によれば、マラリアは命の危険を伴う重大な伝染病であり、雌のハマダラカ(羽斑蚊)に刺されることでマラリア原虫が媒介されヒトに感染し、ヒトとヒトとの間で直接感染することはないが、汚染された血液や血液製剤、臓器移植、注射針の共用、母子感染といった感染の可能性もあるとのこと。現在は薬による有効な治療が可能であり、早期診断と治療が最も重要であるとした。

 同局は今回の輸入性マラリア感染例の確認を受け、マカオにはハマダラカの発生源となる池、沼、渓流などが少ないことから、ハマダラカは一般的な存在ではなく、マカオにおける感染及び伝播リスクは低いとした上、マラリアはアフリカ、東南アジア、南米など熱帯、亜熱帯の温暖な場所で多く出現しており、市民に対してマラリア流行地区へ渡航する際には防虫対策をしっかり講じ、(ワクチンがないため)必要に応じて予防薬を使用するよう呼びかけた。

マカオの大型総合病院として知られる鏡湖醫院(資料)=本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は5月27日、同月12日にコタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室…
  2.  マカオ司法警察局は5月27日、食材の横流しに関わったとしてマカオの食品会社に勤務する海外労働者(…
  3.  マカオ司法警察局は5月27日、不正行為によりマカオのカジノ運営企業から約454万香港ドル(日本円…
  4.  マカオ政府体育局とマカオの統合型リゾート(IR)運営企業ギャラクシーエンターテインメントグループ…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は5月27日、今年第1四半期(2024年1〜3月)にマカオで開催された…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun