フィーゴらポルトガルサッカーのレジェンドがマカオの街をオープントップバスで巡回…5月18日午後

 マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して主催するフットサルの「ポルトガル・アイコンズ(Portugal Icons)」対「大湾区フライングドラゴン(GBA Flying Dragon)」のフレンドシップマッチが今週末の5月19日にマカオドームで開催予定となっている。

 両チームとも今回の試合のために結成されるドリームチームで、ポルトガルアイコンズはルイス・フィーゴ、ペドロ・パウレタ、ヌーノ・ゴメス、ディマス・テイシェイラ、マニシェ、エルデル・ポスティガ、リカルド・クアレスマらポルトガルサッカーのレジェンド選手が名を連ねる。対する大湾区フライングドラゴンについては、陳百祥(ナタリス・チャン)ら香港映画スターとサッカー香港・ マカオ・広東代表の選手で構成される。

 試合会場以外でも、ポルトガルサッカーのレジェンドを目にする機会は用意されているようだ。

 SJMリゾーツ社は5月14日、ポルトガル・アイコンズと大湾区フライングドラゴンのフレンドシップマッチ開催を前に、さまざまなプレイベントを準備していることを明らかにした。このうち、一般参加が可能なものを下記に紹介したい。

マカオで開催される「ポルトガル・アイコンズ」対「大湾区フライングドラゴン」フレンドシップマッチの告知フライヤーイメージ(写真:SJM Resorts S.A.)

 ポルトガルサッカーのレジェンドらは5月17日にマカオ・コタイ地区にある同社の旗艦IR施設「グランドリスボアパレス」に到着した後、18日午後2時から午後4時半(現地時間)にかけて、オープントップバスに乗ってマカオの街を巡回するとのこと。グランドリスボアパレス(ウエストロビー)を出発し、マカオ半島新口岸地区の金蓮花広場、グランドリスボアマカオ、ホテルリスボアマカオなど複数地点を通過するルートを通る予定とし、沿道でレジェンドらの姿を見ることができそうだ。

 なお、当試合の観戦チケットを持っている場合、試合当日に開催されるミート&グリートの参加権をめぐる抽選に応募することもできるという。(詳細はSJMリゾーツ社の公式サイトを参照)

 このほか、グランドリスボアパレスのギフトショップと試合会場で関連グッズの販売が行われるほか、グランドリスボアパレスで5月18、19日にウエストロビーではポルトガルサッカーのレジェンドのプライベートコレクションを展示するエキジビションなども開催。また、グランドリスボアパレスのテラスバーで試合のライブ映像を流すという。

マカオで開催される「ポルトガル・アイコンズ」対「大湾区フライングドラゴン」フレンドシップマッチに関連して販売を予定しているグッズのイメージ(写真:SJM Resorts S.A.)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun