マカオ、2024年1〜4月のツーリズム市場は理想的に推移

 マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビューを発表。

 臨時データによる今年1〜4月累計のインバウンド旅客数は前年同時期から59.0%増の1147.6万人(延べ、以下同)、単日平均にして約9.5万人に上り、2019年同時期と比較した回復率は83.2%に達した。

 今年第1四半期(1〜3月)の旅客総消費は前年同時期から35.9%増の203.5億パタカで、2019年同時期からも20.2%増。1人あたり平均消費についても2019年同時期から40.3%増の2293パタカに上った。

 今年第1四半期の平均ホテル客室稼働率は前年同時期から9.9ポイント上昇の84.8%。2019年同時期からは7.1ポイント下落。ただし、ホテル宿泊客数の回復は顕著で、今年第1四半期は前年同時期から39.7%増、2019年同時期からも8.4%増の377.9万人を記録。(本紙註:2019年と比較した平均客室稼働率の下落はホテル客室供給数の増による)

マカオの2024年1〜4月累計インバウンド旅客数が1100万人超に(資料)=2024年5月(写真:MGTO)

 同局では、今年に入って以降、中国中央によって主に中国本土からマカオを訪れる団体旅客及び個人旅客に関するマカオのツーリズム業界に有利な政策が相次いで打ち出されていることを挙げ、中国本土内における旅客ソースの拡大に向けたプロモーション等を進めていくとのこと。

 国際旅客ソースについても、今年ここまで日本(東京)、シンガポール、インドネシア(ジャカルタ)で大型観光プロモーション及びトラベルマートイベントを実施したほか、5月末から7月初旬にかけて韓国(ソウル)、タイ(バンコク)、マレーシア(クアラルンプール)でも同様のイベント実施を計画しており、引き続き国際市場におけるトラベルデスティネーションとしてのマカオの露出度アップを継続する考えという。

 また、今年ここまでマカオのツーリズム市場は理想的に推移しており、旅客のマカオ訪問意欲も上昇していることはデータでも明らかになっており、下半期にかけて大型イベントも多く開催されることから、積極的に旅客ソースの拡大に取り組むとともに、マカオの国際大都市としての”金看板”に磨きをかけ、ツーリズム経済の高品質な発展を進めていくとした。

マカオ政府観光局がインドネシア・ジャカルタで開催した観光プロモーションイベント(資料)=2024年5月(写真:MGTO)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月12日、同日カジノ施設などが集積する繁華街のひとつ、マカオ半島新口岸地区に…
  2.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に2023年廉政公署(汚職捜査機関、CCAC)業…
  3.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に新交通システム「マカオLRT」を運営するマカオ…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は6月12日、マカオでデング熱伝播の高リスクシーズンを迎えているとし、…
  5.  マカオ司法警察局は6月11日、マカオの路上で徒党を組んでスリを行ったとして中国広西チワン族自治区…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun