マカオ衛生当局が市民にデング熱予防対策呼びかけ…高リスクシーズン到来受け

 マカオ政府衛生局(SSM)は6月12日、マカオでデング熱伝播の高リスクシーズンを迎えているとし、市民に対して予防対策を呼びかけた。

 同局によれば、マカオではこのところ断続的に降雨が続き、室外の容器に水が溜まりやすくなっていることに加えて気温も高く、デング熱を媒介するヒトスジシマカが発生しやすい状況にあり、前月(5月)の蚊の繁殖指数(誘蚊産卵器指数)結果は極めて高く、広くマカオにヒトスジシマカが分布していることを意味するとし、輸入性事案をきっかけにした域内でのデング熱伝播リスクが高まっているという。今年の東南アジア諸国・地域におけるデング熱流行は極めて深刻であり、市民に対してマカオ域内での予防対策のみならず、外遊路においても対策を強化して臨み、マカオへ戻った後にデング熱感染とみられる症状を自覚した場合には、速やかに医療機関を受診してほしいとした。

 なお、マカオにおける前月の蚊の繁殖指数は64.7%で、前年同時期の58.2%、また過去5年の同時期平均の51.8%を大きく上回っているとのこと。近隣地区における今年累計のデング熱感染確認例はシンガポールが7900例、マレーシアが5万4882例で、それぞれ前年同時期の2倍、41%増といい、香港や広州でも輸入性ではない域内発生事案が確認される中、これから夏の旅行シーズンにかけて伝播リスクが高まるとの見通しを示した。

 同局では、予防策の一環としてマカオ域内におけるかの駆除に取り組んでおり、前月だけで4000ヶ所以上の巡回を実施しているとした。

 マカオにおける今年に入って以降のデング熱感染確認例は2月末と5月初頭の2例で、いずれも輸入性事案(患者にそれぞれマレーシア、ブラジル渡航歴)だった。

マカオの街頭に掲出されているデング熱への注意を呼びかけるサイネージ(資料)=本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月12日、違法ドラッグの吸引器具を所持していたなどとしてマカオで就労する30…
  2.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  3.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  5.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun