米カジノ大手ウィンリゾーツ会長、日本カジノ市場へ高い関心示す=マカオ大特別講義で

米ウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長兼最高経営責任者は9月23日、マカオ大学経営管理学部の特別講義で教壇に立ち、学生らへ企業経営哲学を語るとともに、アジアのカジノマーケット、中でも日本市場に対する高い関心があることを明かした。

ウィン氏によると、ウィンリゾーツグループとして日本市場にたいへん高い関心を抱いているとしながら、まずは日本がカジノマーケットの開放を正式決定し、条件を明らかにすることが必要との認識を示した。詳細が明らかになっていない現段階では、具体的な投資額などを公にすることはできないとのこと。今後、マカオ、シンガポール、日本がアジアで最も重要なマーケットとなり、ビジネスチャンスに満ちているとし、これらの地域を拠点をビジネスを展開していきたいという。

今後十年については、マカオと横琴新区が世界で最も注目を集めるとした。ウィンリゾーツ社は現在横琴新区で具体的な投資案件がないが、今後方針を転換することもあり得るという。

なお、自身の企業経営哲学として、企業経営成功の秘訣は、いかに従業員の満足度を高められるかだとした。企業の一員であるという自覚を持ち、積極的に仕事に取り組むようになるというもの。

9月23日にマカオ大学で特別講義を行ったウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長兼最高経営責任者(写真:澳門大學)

9月23日にマカオ大学で特別講義を行ったウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長兼最高経営責任者(写真:澳門大學)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は6月17日、タイパ島にあるマンションのエレベーター内で30代のフィリピン人の男…
  2.  香港特別行政区の李家超行政長官は6月18日午前、香港証券取引所について、今年(2024年)9月2…
  3.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜5月累計の歳…
  4.  マカオ治安警察局は6月13日、公共の街路における賭博行為でローカルの男9人(57〜78歳)を検挙…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)5月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun