カジノ従業員向けギャンブル依存症対策センター新設を計画=マカオ政府、来年オープン目指す

マカオのゲーミング(カジノ)産業が急速に発展を遂げる中、ギャンブル依存症が社会的関心事となっている。マカオ政府で社会福祉行政を管轄する社会工作局の胡綺梅コーディネーターは、現在、マカオ市民のおよそ1万3千人がギャンブル依存の状態にあると指摘する。

11月24日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。胡綺梅コーディネーターによると、2005年11月に政府社会工作局傘下のギャンブル依存症対策センター「志毅軒」を開設して以来、これまでにおよそ700件の救助を求める通報があったとのこと。このうち、カジノ従業員によるものが大半を占めたことから、政府ではカジノ従業員を専門にカウンセリング、生活教育、研修などを行う対策センターを来年(2015年)を目処に新設すべく準備を進めているという。

一般のマカオ市民にとってカジノは非日常の場所という認識が強く、一定の距離を置いて生活している。しかし、カジノ従業員は就業時間をカジノ施設内で過ごさざるを得ない。特に、ディーラー職はカジノフロアが職場となり、独特の華やかな雰囲気の中に身を置くことに慣れ、大金を賭けた勝負を日々目の当たりにすることで金銭感覚が麻痺してしまいがちという。また、24時間営業が基本のカジノではシフト制勤務が一般化しており、他業種従事者との時間的すれ違いから同業者同士で固まる傾向もあるという。

マカオ政府統計調査局が発表した今年(2014年)第2四半期末の統計データによると、マカオのゲーミング業従業員数(カジノ仲介人、仲介協力者含まず)は5万7550人で、同時期のマカオの総人口62万4000人の約9.2%、7-9月の就業人口39万2100人の14.7%を占める。

マカオ政府の歳入の8割以上をカジノ税収が占めるなど、ゲーミング産業がマカオ経済を支える屋台骨となっている。

マカオでは、政府関連部門やゲーミング各社がマカオ市民やマカオを訪れる観光客に対してギャンブルに対する正しい知識の周知、自己抑制の必要性などを説く「レスポンシブルゲーミング(責任あるゲーミング)」を近年積極的に推進している。

マカオのカジノ入口などで配布されているレスポンシブル・ゲーミング関連の印刷物(資料)―本紙撮影

マカオのカジノ入口などで配布されているレスポンシブル・ゲーミング関連の印刷物(資料)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  3.  マカオでは、政府とカジノIR(統合型リゾート)運営6社がコラボレーションし、域内の旧市街地エリア…
  4.  マカオ政府交通事務局は4月15日、電子決済の普及と使用が進む状況を鑑み、マカオ金融管理局及び公共…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営SJMリゾーツ社は4月16日、国際的に権威ある格付け機構として…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun