マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの新IR「ザ・ロンドナー」2020〜21年にかけ順次オープン…米サンズ系=約2420億円投じ既存施設をリノベ

カジノ2019/05/08 19:34

米ラスベガスサンズ社と同社グループでマカオ事業を担うサンズチャイナ社は5月8日、マカオ・コタイ地区で計画中の新IR(統合型リゾート)プロジェクト「ザ・ロンドナー・マカオ(澳門倫敦人)」に関する発表会を開催。サンズリゾートマカオのブランドアンバサダーを務めるデビッド・ベッカム氏も登壇し、会場を沸かせた。

ザ・ロンドナーは2012年にオープンしたIR「サンズコタイセントラル」の大規模リノベーション及び一部拡張によるリブランド。リゾートのシンボルとしてロンドンのアイコン的存在となる時計塔(通称:ビッグ・ベン、正式名称:エリザベスタワー)を実物大(高さ93メートル)で再現するほか、内外観を英国調に統一する。また、現在のホリデイイン・マカオ・コタイセントラルは全室スイート仕立ての高級ホテル「ザ・ロンドナー・ホテル」(594室)として生まれ変わり、デビッド・ベッカム氏がプロデュースを手がける「デビッド・ベッカム・スイート」も用意される。このほか、複数の飲食店や6000席規模の多目的アリーナ等が新たに加わるという。

投資額はおよそ22億米ドル(日本円換算:約2420億円)で、工事はすでに始まっており、2020年から2021年にかけて段階的にオープンするとした。

サンズチャイナはコタイ地区で「ザ・ヴェネチアン」、「ザ・パリジャン」というヨーロッパの人気観光都市をテーマにした大型IRを運営している。今回、ロンドンをテーマとしたことについて、サンズチャイナ社のウィルフレッド・ウォン社長は、マカオにおける同業間の競争が激しい中、キャッチーな建物は昨今のセルフィー時代に合っており、ヨーロッパの都市をテーマにした既存の2つのIRにおいて顧客獲得の大きなアドバンテージになったとし、知名度と人気が高くイメージもしやすいロンドンを選んだと述べた。ロンドンらしいダブルデッカーバスやロンドンタクシー、電話ボックスなど、ロンドンに来たかのような気分になれるよう、ディテールにもこだわって施設を作り上げていくとのこと。

「ザ・ロンドナー・マカオ」発表会に登壇したデビッド・ベッカム氏=2018年5月8日、マカオ-本紙撮影

「ザ・ロンドナー・マカオ」発表会に登壇したデビッド・ベッカム氏=2018年5月8日、マカオ-本紙撮影


「ザ・ロンドナー・マカオ」外観イメージ(写真:Sands China Limited)

「ザ・ロンドナー・マカオ」外観イメージ(写真:Sands China Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース