マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノIR併設ホテル客室で窃盗事件…中国本土出身の男逮捕=宿泊客尾行して客室階へ侵入、無施錠の部屋を物色

社会・政治2019/06/12 10:41

マカオ司法警察局は6月10日、コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)併設ホテルの客室内から宿泊客の所持品およそ2万6000マカオパタカ(日本円換算:約35万円)相当分を盗んだとして中国本土出身の男(50)を逮捕したと発表。

事件発生は6月1日のこと。宿泊客の女性がホテル客室に戻ったところ、室内に残していたタブレットPC、指輪、ネックレス、腕時計、サングラスが無くなっているのに気づき、何者かに盗まれた可能性があるとして警察に通報。女性によれば、午後6時頃に部屋を出て、戻ってきたのは午後11時頃だったという。

通報を受け、警察が捜査に着手。ホテルの監視カメラを確認したところ、午後8時頃、宿泊客を尾行してホテルの客室階へ侵入し、廊下を徘徊しながら、無施錠の客室を探して歩く男がおり、被害者女性の客室のドアが開いたことから中へ入り、約13分後に出てくる様子が映っていたとのこと。男は別の階でも同様の行動を繰り返していたが、成功せずに終わったという。その後、男は地下駐車場で着替えをしてから車に乗ってホテルを離れ、午後10時頃に中国本土側へ移動したことが確認された。

警察は男の身元の割り出しに成功しており、7日午後9時頃、男が再びマカオに入った際、イミグレーション施設内で身柄を確保。なお、男は警察の調べに対してIR施設に行ったことを「覚えていない」とし、犯行を否認しているというが、警察では、監視カメラ映像などの確固たる証拠が存在することから、男を窃盗罪で起訴したとのこと。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース