マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノ再開から1ヶ月…稼働テーブル数8割まで回復=新型コロナ防疫対策は継続

カジノ2020/03/19 11:17

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行でマカオのカジノ業界も大きなダメージを受けている。

 防疫対策の一環として2月5日から19日までの15日間にわたって全カジノ施設が休業したことに加え、年間最大の書き入れ時となる春節(旧正月)ゴールデンウィークを含む1月下旬から現在に至るまで中国本土ほか流行国・地域からの入境制限が実施されている。再開から約1ヶ月が経過したものの、インバウンド旅客は激減したままだ。

 マカオカジノ規制当局(DICJ)はカジノの再開にあたり、運営会社に対して従業員及びゲストの健康を最大限保護することなどを求めており、ゲスト及び従業員のいずれも入場時に体温検査、マスクの着用、健康申請書の提出が義務付けられる。マカオ入境前14日以内に湖北省滞在歴がある場合は入場できない。また、ゲーミング(カジノ)テーブル間の距離の確保、テーブルゲームでは隣席を空ける対応(例えばバカラテーブルでは1テーブルに同時に着席できるのは3〜4人)、スロットマシンについても1台または2台おきの稼動と定められ、交差感染リスク軽減が図られている。チップ等のゲーミング用品に対する消毒も強化実施されている。再開したといっても、あくまで限定的ものだ。

 DICJが3月19日に発表した内容によれば、同日までにマカオに41あるカジノ施設のうち、38施設が再開したとのこと。新型コロナによる一時休業前からクローズしていたものが2つあることから、実質再開できていない施設は1つのみ。一時休業からの再開にあたり、準備期間として30日の猶予が与えられており、3月20日が期限となっている。実質再開できていない唯一の施設はマカオジョッキークラブカジノで、猶予期間終了後、改装工事をスタートする申請が提出されたとのこと。

 上述の防疫施策への対応に伴い、同日までに再稼働したゲーミングテーブル数は約5400台で、総認可台数の80%となった。3月9日時点では3100台、46%だったことから、着々と元の水準に回復しつつある状況がうかがえる。

 DICJでは、24時間体制でカジノ施設に対する監視を行っており、防疫対策実施状況をチェックしているとのこと。マカオにおける新型コロナ流行状況の変化に応じ、防疫対策を随時調整する準備も整っているとした。

厳格な防疫措置を講じた上で再開したマカオのカジノの様子(写真:DICJ)

 参考までに、2月の月次カジノ売上は前年同月から87.8%減の31億0400万マカオパタカ(日本円換算:約420億円)、1〜2月累計では49.9%減の252億2900万マカオパタカ(約3418億円)だった。3月以降についても、インバウンド旅客の約7割を占める中国本土からの入境制限が緩和されない限り、大幅なマイナスは避けられない見通し。

 本稿執筆時点(3月19日午前11時)のマカオにおける累計患者数は17人。2月4日までに武漢からの旅客が7人、マカオ人が3人の感染が確認されて以降、40日間にわたって新規感染確認ゼロが続いたが、今週に入って以降、中国以外の海外からの輸入症例が相次いでいる。2月4日以前の感染確認者については、3月6日までに全員が治癒し退院済みで、重症化、死亡、院内感染例はいずれもなかった。

マカオのカジノ入口では体温計測と健康申請書の提示が必須に(写真:DICJ)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年6月24日発刊 (7月号 vol.085」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース