マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

第67回マカオグランプリ開催概要発表…F3をF4で代替などコロナ禍で例年から大幅内容変更余儀なく

観光2020/09/11 20:20

 1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(マカオGP)。市街地の一般道路を転用した全長6.2kmの「ギアサーキット」を舞台に毎年11月中旬の4日間にわたって開催されている。

 今年の第67回大会は新型コロナウイルス感染症の世界的な流行拡大を受け、開催の有無に注目が集まっていたが、マカオ政府体育局とマカオグランプリ組織委員会が9月11日に記者会見を開き、11月19日から22日までの4日間に渡って開催することを正式に発表した。

 主催者によれば、開催レースは「フォーミュラマカオグランプリ」、「マカオGTカップ」、「マカオギアレース(ツーリングカー)」、「第54回マカオモーターサイクルグランプリ」、「マカオツーリングカーカップ」、「グレーターベイエリアGTカップ」を含む6〜7種の予定とした。

 なお、フォーミュラカーによるレースのカテゴリーは例年「フォーミュラ3(F3)」だが、今年はコロナ禍で一部のドライバーのマカオ入りが困難であることから、暫定的に「フォーミュラ4(F4)」で代替することを決めたとのこと。また、GTワールドカップとWTCRについては、すでに国際自動車連盟(FIA)が今年のマカオ開催のキャンセルを発表しており、今大会のマカオGTカップ出場ドライバーはチャイナGTチャンピオンシップとアジアパシフィックGTおよび地元マカオからセレクションし、GT3とGT4規格に分けて構成、マカオギアレースのドライバーはアジアTCR及びパシフィック2.0Tからセレクションし、TCR規格を採用するとしている。

 観戦チケットは9月21日から発売予定。価格は前大会と同様で、練習日(初日と2日目)が50マカオパタカ(日本円換算:約670円)、決勝日(3日目と4日目)が400〜1000マカオパタカ(約5300〜1万3300円)。今大会ではボックスオフィスに加えてチケット自販機を初導入するほか、入場口に電子ゲートを設置し、電子タグを埋め込んだリストバンドを使用した入場方式となる予定。

 このほか、今大会の開催にかかる予算は約2.5億マカオパタカ(約33億円)を見込んでいるとのこと。前回大会の2.7億マカオパタカ(約36億円)だった。今大会は例年の大会と比較して規模に差が生じることになったため、公平性の観点から冠スポンサーの募集を取りやめたとした。

 マカオでは、厳格な新型コロナ防疫対策が講じられている。目下、外国人については入境禁止となっているが、会見に出席したマカオ政府社会文化庁の歐陽瑜長官は、マカオGP開催まで時間的余裕があり、流行状況の変化に応じて水際措置は随時調整されることから、仮に状況が好転すれば制限の緩和も望めるほか、公共の利益に適う外国人について例外的に入境を認める規定も存在し、マカオグランプリ参戦ドライバーが対象となるとの見方を示した。主催者が事前に海外の招待ドライバーへヒアリングしたところ、マカオ到着後14日間の医学観察(隔離検疫)を受けてでも出場したいとするドライバーが一定数いたという。

第67回マカオグランプリ開催概要発表記者会見の様子=2020年9月11日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース