マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

第69回マカオグランプリ開催概要発表…4日間、3年ぶり復活の二輪含む7種のレース

観光2022/10/17 20:07

 1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(マカオGP)。市街地の一般道路を転用した全長6.2kmの「ギアサーキット」を舞台に毎年11月中旬に開催されている。

 ゼロコロナ政策を堅持し、依然として厳格な水際措置が講じられている中だが、10月17日に組織委が会見を開き、今年の第69回大会の開催が正式にアナウンスされた。

 第69回大会の開催期間は、4日間(11月17〜20日)。期間中に開催されるレースは前年から1つ増えて7種に。具体的には、フォーミュラ4(F4)マカオグランプリ、マカオGTカップ、マカオギアレース、マカオツーリングカーカップ、グレーターベイエリアGTカップ、マカオロードスポーツチャレンジ、マカオモーターサイクルグランプリとなる。

 フォーミュラカーによるレースのカテゴリーは例年F3だが、新型コロナの影響が生じた2020年の67回大会以降は3大会連続でF4による代替となった。ツーリングカーとGTカーのレースについても、それぞれWTCR、GTワールドカップのタイトルが付かないかたちに。一方、F3、WTCR、GTワールドカップと並びマカオグランプリの4大看板レースの1つに数えられるモーターサイクルグランプリは3大会ぶりに復活する。また、開催期間が例年通りの4日間となるのも3大会ぶり(過去2大会は3日間)。

 組織委によれば、参加選手の数は約170人で、マカオでは中国本土以外からの入境時に義務的隔離検疫(現状では7日間)がある中、多くの外国選手にも参加を打診しているとのこと。最終的なエントリーリストは11月初旬に発表するとした。開催にかかる予算は前回大会からやや増の約1.8億パタカ(日本円換算:約33億円)を見込んでいるという。なお、3大会連続で冠スポンサーはなく、前大会に続いて6種のレースにマカオのカジノ運営6社それぞれスポンサーし、企業名を冠するかたちとなる。

 このほか、観戦チケットは明日(10月18日)から販売開始となることも発表された。

 すでにサーキット周辺ではガードレールや観覧席の設営などが進んでおり、これから11月中旬にかけて多くの関連イベントも開催予定となっている。

第69回マカオグランプリ開催概要発表会の様子=2022年10月17日、マカオ科学館(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年11月25日発刊 (12月号 vol.114」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース