マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

日本旅客の回復続く―3月入境旅客統計

産業・経済2014/04/25 08:54

マカオ政府統計調査局は4月24日、今年(2014年)3月の入境旅客数統計を発表。総数はのべ2,625,997人となり前年同月比10%の増、うち日帰り旅客が1,393,993人で全体の53%を占めた。

今年3月の入境旅客の出身地別では、中国本土旅客が前年同月比24%増の1,769,408人(うち個人旅行者は43%を占める738,287人)、省市別割合では広東省が40%、福建省が4%、湖南省3%と多かった。旅客総数に占める中国本土旅客の割合は67%。この他、韓国が40,625人、日本が30,281人とそれぞれ10%、5%増、一方、香港が15%減の522,390人、台湾が4%減の77,297人だった。なお、長距離地区では英国が17%増の6,609人、オーストラリアが10%減の8,989人となった。

3月の旅客平均滞在時間は前年同月と同水準の1.0日、宿泊を伴う旅客の平均滞在時間は1.9日、同日帰り旅行者は0.2日。

2014年第1季の累計入境旅客数は7,690,166人で、前年同期比9%増。そのうち日帰り旅客が総数の54%を占める4,121,351人。中国本土、韓国、日本の旅客がそれぞれ17%、18%、7%増、香港と台湾がそれぞれ9%、4%の減となっている。長距離地区では米国、カナダ、英国が増、オーストラリアが減。第1季の旅客平均滞在時間は前年同期と同水準の1.0日。

2012年秋以降、日中関係の複雑化、それに伴う直行便の減便といったものに加え、マカオのホテル価格の高騰による他地域への顧客流出、昨今の円安傾向など複数の要因で日本人旅客の減少が続いてきた。2013年秋以降若干の回復傾向にあり、特に伸長が顕著だった2月に続き3月も上昇基調を持続した。

マカオ外港フェリーターミナル(資料)―本紙撮影

マカオ外港フェリーターミナル(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年10月23日発刊 (11月号 vol.089」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース