マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノ王、93歳誕生日に発熱で入院も経過は順調

カジノ2014/11/29 09:32

「賭王(カジノ王)」こと、マカオの大手カジノ運営企業SJMホールディングス会長のスタンレー・ホー博士が、今月(11月)25日に93歳の誕生日を迎えた。

地元有力紙「澳門日報」が11月29日付紙面で報じたところ、ホー氏は誕生日の当日に発熱のため入院したという。11月28日、第4夫人のアンジェラ・リョン氏(SJMグループ取締役、マカオ立法議会議員)がホー会長の入院先、香港・養和医院を訪れ、面会を行った。約2時間の面会を終えた後、メディアの取材に明るい表情で応対し、退院日については未定だが、すでに熱は下がって経過は良好と明かした。なお、前日には第3夫人家族が面会に訪れていた。

ホー博士は1962年から2002年まで、約40年間にわたってマカオのカジノライセンスを独占していた人物。マカオのカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設、MGMマカオを運営するMGMチャイナ社のパンジー・ホー会長、シティ・オブ・ドリームズを運営するメルコ・クラウン・エンターテインメント社のローレンス・ホー共同会長兼CEOはともに実子。

近年は香港の自宅で静養しており、公的な場に姿を現すことがない状態が続いている。

SJMホールディングス会長のスタンレー・ホー博士(資料写真)=2008年頃撮影(写真:SJM Holdings)

SJMホールディングス会長のスタンレー・ホー博士(資料写真)=2008年頃撮影(写真:SJM Holdings)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース