マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ラスベガスにも寒風=中国人ギャンブラー減でバカラ売上36%減

カジノ2014/11/29 11:08

今年(2014年)6月以降、マカオのカジノ売上が5ヶ月連続で前年割れとなっている。中国本土の反汚職キャンペーンにより、カジノ売上の大半を占めるVIPクラブを訪れる富裕層ギャンブラーが減少していることがその理由の1つとして挙げられる。海の向こうのラスベガスでもマカオ同様の流れとなっているようだ。カナダの中国語日刊紙「星島日報(カナダ版)」が11月27日(現地時間)付の紙面で報じた。

ネバダ州ゲーミング管理局が11月21日に発表した最新統計によると、10月のラスベガス・ストリップ地区のカジノ売上は前年同月比5.6%減の5億2029万米ドル(日本円換算:約617億円)。このうち、中国人ギャンブラーが最も好むバカラテーブルの収益は36%減の9729万米ドル(約115億円)だった。

ラスベガス・ストリップ地区のバカラ売上は2004年以降上昇を続けており、昨年(2013年)の累計売上はおよそ16億米ドル(約1898億円)に達した。ゲームの種類別ではスロットマシンに次いで第2位、テーブルゲームの中では最大の売上を誇る。しかし、ここ3ヶ月は売上減少傾向が続いており、今年8-10月の累計では前年同期比25%減となっている。

ちなみに、ラスベガス・ストリップ地区の場合、カジノ売上に占めるバカラの割合は20%前後だが、マカオの場合はおよそ9割と極端に高い。マカオのカジノ売上はラスベガスのおよそ7倍の規模。

ラスベガス・ストリップ地区に建つカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設群(イメージ)=2014年5月、米国・ネバダ州—本紙撮影

ラスベガス・ストリップ地区に建つカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設群(イメージ)=2014年5月、米国・ネバダ州—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース