マカオ、新IR施設「グランドリスボアパレス」が部分開業

(2021/07/30 13:26 配信)

観光

 マカオ・コタイ地区でSJMリゾーツ社が開発が進めてきた新IR施設(統合型リゾート)グランドリスボアパレス(澳門上葡京綜合度假村)が7月30日正午(現地時間)に部分開業する。

 運営会社によれば、コンセプトは中国と西洋の文化の融合とのこと。

 今回部分開業するのは、リゾート名を冠した旗艦ホテル「グランドリスボアパレスホテル」(1350室)の一部、インターナショナルビュッフェ、コンテンポラリーポルトガル料理、アラン・チャン氏の設計によるクラシックカントニーズスタイルのティーハウス、台湾の人気火鍋店、カジュアルなチャイニーズ・アジアンヌードル店ほか複数の料飲施設、屋内外の温水プールと庭園ほかウェルネス・レジャー施設、屋内外合計3800平米のイベントベニューなどとなる。

 世界初となるカール・ラガーフェルド氏設計のホテル、アジア初のヴェルサーチデザインのホテルなど、他の施設についても年内に順次オープン予定とした。

 コタイ地区は新興埋立地で、21世紀に入って以降、IR集積エリアとして開発が進んだ。今回のグランドリスボアパレスの開業により、マカオ政府とカジノ経営コンセッションを結ぶ6陣営すべてがコタイ地区に進出したことになる。

グランドリスボアパレス外観イメージ(写真:SJM Resorts)


観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載