マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ジェットスター系、マカオとベトナム結ぶ路線を2ヶ月ぶりに復活=かつて計画の沖縄線にも再び期待

産業・経済2016/04/21 11:49

LCC(格安航空会社)大手ジェットスター航空グループで、ベトナムに本拠地を置くジェットスター・パシフィック航空が今年(2016年)2月22日からマカオとベトナムのダナン、ハイフォン、ホーチミンを結ぶ全3路線を「運営上の問題」を理由に運休をしていたが、4月18日からダナン線を約2ヶ月ぶりに復活させた上、新たにニャチャン線を開設した。

ジェットスター・パシフィックのタイムテーブル(2016年4月18日〜10月29日)によれば、マカオ〜ダナン線が週12往復、ニャチャン線が週2往復となっている。

なお、今年2月まで就航していたマカオ〜ハイフォン、ホーチミンの2路線については運休が続いている。

ジェットスター・パシフィック航空をめぐっては、同社及びマカオ国際空港運営会社が昨年(2015年)夏にマカオと沖縄(那覇)を結ぶ直行定期便の新規就航計画を相次ぎ発表していたが、その後、具体的な進展がないまま時間が経過していた。今年2月のマカオ〜ベトナム全3路線の運休に伴い、マカオ〜沖縄線の計画の実現可能性が極めて低くなっていたが、今回の一部路線の復活を受け、状況が変わることも予想される。

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 2月25日発刊 (3月号 vol.069」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース