マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

イースター4連休のマカオ出入境統計発表、過去最高多数記録塗り替える

産業・経済04/20 09:48

マカオ及び香港では、4月14日から17日まで、イースター(復活節)の4連休だった。例年、この時期には香港からマカオを訪れる旅客及びマカオと外地との往来が増大する。

マカオ治安警察局は4月19日、4連休の出入境統計を公表。連休初日の14日、マカオからの出境者数が約28万5710人(延べ、以下同)に達し、このうち中国本土との主要な陸路の玄関口となる關閘イミグレーションからが21万9229人。また、タイパフェリーターミナルからの入境者数も2万2256人だった。さらに、連休3日目の16日の出入境者数は55万1561人、入境者数が28万6699人、關閘イミグレーションからの入境が20万9078人で、いずれも過去最高記録を更新した。

4連休の累計出入境者数は前年の同じ時期から5.7%増となる215万1331人。訪マカオ旅客の動向については、台湾からが10.1%の下落となったが、中国本土からが6.5%、香港からが4.1%、韓国からが60.7%、その他の国からが2.6%のそれぞれ増。4連休中の方マカオ旅客の累計入境者数は5.6%増の42万7254人。

マカオは人口65万人、面積30平方キロという小さな街だが、世界遺産やカジノを核とした大型IR(統合型リゾート)に加え、マカオグランプリなどの国際イベントが数多く開催されるアジア有数の観光都市として知られ、年間訪マカオ旅客数は3000万人を超える。

イースター連休中の關閘イミグレーション施設内の様子(写真:マカオ治安警察局)

イースター連休中の關閘イミグレーション施設内の様子(写真:マカオ治安警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2017年 4月30日発刊 (5月号 vol.047」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース