マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

タイパフェリーターミナルの第1便は6月1日午前7時発香港行高速船=マカオの新しい海の玄関口

産業・経済05/29 12:30

12年にも及ぶ工事を経て今年(2017年)6月1日にオープンを予定しているマカオの新しい海の玄関口「タイパフェリーターミナル」。同施設は24時間運用を予定しているが、マカオ当局が5月29日午前の記者会見で、オープン当日の開門時間と第1便に関する情報を発表した。

【写真特集:タイパフェリーターミナル…マカオの新たな海の玄関口】

6月1日、タイパフェリーターミナルは午前6時に一般開放され、最初の出発便は午前7時発のコタイウォータージェットが運航する香港(香港マカオフェリーターミナル)行の高速船、最初の到着便は午前8時頃到着予定のコタイウォータージェットが運航する香港(同)発の高速船を予定しているとのこと。

また、2007年から運用してきた仮施設の「タイパ臨時フェリーターミナル」については、最終到着便が6月1日午前0時30分頃到着予定のコタイウォータージェットが運航する香港(同)発の高速船、最終出発便が同午前1時頃午前7時発のコタイウォータージェットが運航する香港(同)行の高速船となる予定。

新ターミナルオープン後も、しばらくの間は臨時ターミナル時代の航路及び時刻表を踏襲するという。

2017年6月1日にオープン予定のタイパフェリーターミナル(資料)=マカオ・タイパ島北安地区-本紙撮影

2017年6月1日にオープン予定のタイパフェリーターミナル(資料)=マカオ・タイパ島北安地区-本紙撮影

タイパフェリーターミナルは2005年に着工。当初、マカオ半島にある外港フェリーターミナルの補助的施設と位置付けられていたが、2006年に重要港へと格上げされ、2009年に拡張プランが決定した。当初の運用開始予定は2013年中の予定だったが、大幅に工事が遅延。長きにわたって簡素な仮施設(タイパ臨時フェリーターミナル)での長期運用を余儀なくされていた。タイパ臨時フェリーターミナルは、新ターミナルの運用開始に伴い閉鎖され、跡地は新ターミナルの拡張部として利用される。

なお、タイパフェリーターミナルのオープンに伴い、公共路線バス、タクシー、カジノホテルの無料送迎シャトルバス等の乗降場についても、これまでのタイパ臨時フェリーターミナル前から新ターミナル内へ移る。

まもなく役目を終える仮施設のタイパ臨時フェリーターミナル(資料)-本紙撮影

まもなく役目を終える仮施設のタイパ臨時フェリーターミナル(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年 6月23日発刊 (7月号 vol.061」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース