マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

台湾商社が福島及び周辺4県産食品を「産地偽装」して輸入=原発事故受け輸入停止中、当局が回収命じる

その他2015/03/25 09:35

台湾・新竹市衛生局は3月24日、福島及び周辺4県の工場で生産された加工食品が市内のスーパーや食品雑貨店などで販売されているとの通報を受け、所轄エリアの18店舗に職員を派遣し、241品目を棚から撤去したことを明らかにした。

同局によると、台湾では2011年に発生した福島第一原子力発電所事故を受け、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県で生産・製造された食品を一時輸入停止の対象としているためとした。

同日夜、台湾衛生福利部食品薬物管理署基隆事務所は、複数の食品商社が産地を偽装して5県産の食品を輸入したとして今月(3月)19日から21日にかけて警察部門と合同で関係先へ立ち入り検査を実施したこと発表。カップヌードル、菓子、清涼飲料、調味料など日本の大手食品メーカーの看板商品を含む283品目、重さにして合計20.4トン分を押収したという。台湾衛生福利部では、19日から日本から輸入される食品に対する水際での検査を厳格化したとしている。

なお、台湾食品商社による産地偽装の内容については、実際には福島及び周辺4県にある工場で製造された商品について、輸入書類に食品メーカーの本社所在地などが置かれた東京、大阪、兵庫など輸入停止措置対象外となる都府県名を記載していたもの。

複数の食品商社が産地を偽装して福島及び周辺4県産の食品を輸入した事件を受け台湾当局が公布した5ページに及ぶ該当283品目リストの1ページ目(台湾衛生福利部食品薬物管理署ウェブサイトより)

複数の食品商社が産地を偽装して福島及び周辺4県産の食品を輸入した事件を受け台湾当局が公布した5ページに及ぶ該当283品目リストの1ページ目(台湾衛生福利部食品薬物管理署ウェブサイトより)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース