パンダのつがいマカオ到着=エアチャイナ特別機の旅客用キャビン搭乗、異例の待遇

マカオ返還15周年を記念して中国中央政府からマカオに贈られるジャイアントパンダのつがい、オスの「カイカイ(開開)」とメスの「シンシン(心心)」が、4月30日午後4時過ぎ、パンダ保護研究センターのある四川省の成都双流国際空港からエアチャイナ(中国国際航空)の特別機でマカオ国際空港に到着した。

2頭は空港で検疫と歓迎式典を終えた後、専用トラックでマカオ南部にあるコロアン島の金像農場に移送された。ここで30日間の隔離検疫が行われる。同島石排灣郊野公園内の飼育・展示施設マカオジャイアントパンダパビリオンでの一般公開については、最短で5月30日となる見通し。

カイカイ、シンシンともに、健康状態は良好。ゲージの中から外に顔を向けることが多く、新しい環境に興味を示す好奇心旺盛な性格が伺えた。

四川省の成都双流国際空港からマカオ国際空港への輸送については、エアチャイナのエアバスA321型機「秀美四川(ビューティフル・スーチュアン)」号が使用された。同機はパンダの親子が描かれた塗装が特徴的で、2009年のデビューから成都とシンガポール、香港、台湾などを結ぶ路線に就航している。これまで、航空機によるパンダの輸送は貨物室を使用するのが一般的だったというが、今回は慣例を打破し、旅客用キャビンでの輸送となった。一般客席の5列30席分を取り外し、ゲージ設置スペースに改造したという。

中央からマカオにパンダのつがいが贈呈されるのは、今回が返還10周年以来5年ぶり2度目となる。

中国四川省の成都双流国際空港からマカオ国際空港に到着したジャイアントパンダのつがい=4月30日(写真:GCS)

中国四川省の成都双流国際空港からマカオ国際空港に到着したジャイアントパンダのつがい=4月30日(写真:GCS)

マカオ国際空港でジャイアントパンダを出迎える地元マカオの子供たち=4月30日(写真:GCS)

マカオ国際空港でジャイアントパンダを出迎える地元マカオの子供たち=4月30日(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  3.  マカオでは、政府とカジノIR(統合型リゾート)運営6社がコラボレーションし、域内の旧市街地エリア…
  4.  マカオ政府交通事務局は4月15日、電子決済の普及と使用が進む状況を鑑み、マカオ金融管理局及び公共…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営SJMリゾーツ社は4月16日、国際的に権威ある格付け機構として…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun