カジノIR大手ウィンマカオ、地元人材の管理職登用進む=占有率8割超、開業以来9年間で3倍増

外資系企業といえば、本国の親会社から派遣されたエクスパッツと呼ばれる駐在員が管理職ポジションを独占しているイメージが強い。マカオに6社あるカジノ経営ライセンス保有企業だが、地元資本といえるのは1社のみで、残る5社は米国系、香港系、米国や豪州企業との合弁となっている。6社の一角、米国系のウィンマカオでは、地元人材の管理職登用が進んでいるようだ。

米国ラスベガスに本社を置くカジノIR(統合型リゾート)大手ウィンリゾーツ社のマカオ部門にあたるウィンマカオのズレイカ・モック人事担当シニア・ヴァイス・プレジデントが4月30日に明かした内容によると、同社の旗艦カジノIR施設ウィンマカオが開業した2006年以降、管理職ポジションに就く地元マカオ人の数は3倍に増えたという。管理職ポジション数に占めるマカオ人の割合についても、2006年の58%から、直近では82%にまで上昇しているとのこと。ウィンマカオのマカオ人従業員数はおよそ7700人いるという。

ウィンマカオでは、2016年上半期にコタイ地区に新大型カジノIR施設ウィンパレスの開業を予定している。ウィンマカオは4月30日、新施設の開業に向け、同社でカジノ関連の業務に従事するマカオ人従業員を対象としたホテル管理人材育成プログラムの導入を発表した。モック氏によると、ホテルの飲食部門、営業部門といった非カジノ分野への配置転換、昇級機会を地元人材に提供する目的という。

日本でもカジノIR施設の導入議論が活発となっており、ウィンリゾーツを含む複数の米国系など外資系企業が進出意欲を持っていると報じられている。日本人が管理職として活躍できる環境となり得るかどうかにも注目すべきだろう。

2006年にウィンマカオの開業準備チームにマス・マーケティング・ダイレクターとして入社後、複数回の昇級機会を経て現在ヴァイス・プレジデントのポジションにまで出世を遂げたケネス・レイ氏(写真:Wynn Macau)

2006年にウィンマカオの開業準備チームにマス・マーケティング・ダイレクターとして入社後、複数回の昇級機会を経て現在ヴァイス・プレジデントのポジションにまで出世を遂げたケネス・レイ氏(写真:Wynn Macau)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  2.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…
  4.  このほど、マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオのファミリープログラム…
  5.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月19日、2023年環境統計を公表。同年のマカオの陸地面…

ピックアップ記事

  1.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun