マカオの携帯4Gサービス9月開始へ=通信最大手CTM幹部明かす

マカオ政府電信管理局は今年3月、公開入札を経て4社に第4世代携帯電話(4G)事業認可を与えた。香港や広東省など、近隣地域と比較して4Gサービスが出遅れたマカオだが、ようやく今年(2015年)中のサービス開始のメドが立った。

マカオの政府系放送局TDMが7月6日夜のラジオニュースで報じた内容によると、マカオ通信最大手のCTM(澳門電訊)ネットワークサービス部門ヴァイスプレジデントのデクラン・リョン氏が同社の4Gサービスの開始時期について、今年9月を予定していることを明かしたという。現在、料金プランの策定を進めているとのこと。

リョン氏によると、ネットワークインフラ整備については5月の長雨の影響で遅延したが、その後、遅れを取り戻しており、サービス開始時点でカバー率9割を達成できる見通しとした。

また、認可を獲得した4社のうち、同時にFDD及びTDDの2方式でサービスを提供するのはCTMが唯一となるとした。

マカオ初となる4G携帯電話事業ライセンスを獲得した4事業者のは、元ポルトガルテレコム系で通信最大手のCTM(澳門電訊)、中国本土系のチャイナテレコム(中國電信)、香港系のスマートーン(數碼通)とハチソンマカオ(和記澳門)で、いずれも現在マカオで3G携帯電話事業ライセンスを保有している。

マカオではモバイルデータ通信の拡大に伴い3G通信網のキャパシティが逼迫している現状もあり、4G導入によるユーザーの分散が解決策の1つとして期待されている。一方、マカオでは2Gから3Gへの全面移行が完了しておらず、2Gの停波時期は再三の延期を経て2023年6月の予定となっている。

マカオ市街にあるCTMの支店(資料)—本紙撮影

マカオ市街にあるCTMの支店(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun