マカオの経済自由度は世界34位/地域9位…11年連続で「比較的自由」の評価=香港が25年連続世界トップ

マカオ政府金融管理局は1月25日、米国の保守系シンクタンク、ヘリテージ財団が発表した2019年度「世界経済自由度指数」の結果についてコメントを発表。

マカオは総体経済自由度で平均(60.8ポイント)を大きく上回る71.0ポイント(前年から0.1ポイント上昇)を得て11年連続で「比較的自由」な経済体と評価されたとしている。

マカオの世界180の経済体における順位は34位、アジア太平洋地域の43の経済体の中では9位で、いずれも前年と同じだった。なお、香港が90.2ポイントで指数発表が始まった1995年から25年連続で世界で首位の座をキープ。アジア太平洋地域でマカオより上位に位置するのは香港、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリア、台湾、マレーシア、韓国、日本の順。

評価の基準となる12項目の経済自由度指標について、マカオは財政健全性、政府歳出支出水準、貿易自由度、投資自由度、税務負担、貨幣自由度、金融自由度で上位につけた。ただし、前年との比較で税務負担及び貨幣自由度のポイントは上昇したものの、政府支出水準と清廉度は下落。清廉度に至っては33.2ポイントにとどまった。

調査レポートの中で、マカオはフリーポートとして長期にわたって世界貿易と投資の恩恵を受けるほか、円滑かつ効果的なビジネス環境、私有財産権の尊重、低税率、高効率といったメリットのある地域とした。一方で、およそ2割の土地の所有権が明確ではないこと、独立した司法システムを有するが、近年の急速な経済発展の下、司法機構が人手不足状態にあり、汚職等に対する抗議活動もまた増えていると指摘した。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月15日、近日大型サッカーイベントが開幕することを受け(註:時期的に欧州選手…
  2.  澳門海關(マカオ税関)は6月15日、各イミグレーション施設で検査体制の強化を図り、違法な運搬活動…
  3.  独特の食文化を有する マカオは2017年に「ユネスコ食文化創造都市」に認定された。以降、マカオ政…
  4.  香港国際空港を拠点とするキャセイパシフィック航空は6月15日、翌月(7月)1日以降の 香港発券分…
  5.  マカオ治安警察局は6月15日、同月11日にマカオ半島のロドリゴ・ロドリゲス通りにあるビルで無認可…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun