マカオの老舗ホテル「リスボア」グループが20年かけて1.7万銘柄・50万本のワインを収蔵…世界最大規模

近年、マカオの老舗ホテルブランドとして知られる「リスボア」グループの旗艦ホテル「グランドリスボアホテル」のワインコレクションがワイン専門メディア『ワイン・スペクテーター』と『チャイナズ・ワイン・リスト』から最高評価を連続して獲得している。

リスボアホテルグループでは、20年前から本格的に世界各種のトップ銘柄のワインのコレクションをスタートしたとのこと。当初は1000銘柄だったが、現在では世界最大規模となる1万7000銘柄、およそ50万本を収蔵するに至ったとのこと。

コレクションの内訳は、8割がフランス、イタリア、スペイン、ドイツなどの「オールドワールド」のもので、2割がアメリカ、チリ、オーストラリアといった新興の「ニューワールド」という。ちなみに、最も高価なものは「1825 Château d’Yquem」で、実に1本40万マカオパタカ(日本円換算:約550万円)だそう。

目下、グランドリスボアホテルの4つのシグネチャーレストラン「ロブション・オ・ドーム」(フレンチ)、「ザ・キッチン」(ステーキハウス)、「カーザ・ドン・アルフォンソ」(イタリアン)、「ザ・エイト」(チャイニーズ)で『マグナム体験の旅』と題し、膨大なコレクションの中からワインガイド誌『ロバート・パーカー・ワイン・アドヴォケイト』で高評価を獲得した「Châteauneuf-du-Pape, Domaine du Pégaü, Cuvée Réservée, Rhône 2010」、「Château Pavie Macquin, St.-Emilion 2008」、「Keller Riesling Dalsheim Hubacker GG Trocken 2013」をセレクトしてプロモート中とのこと。

グランドリスボアホテルが『ロバート・パーカー・ワイン・アドヴォケイト』で高評価を獲得した3銘柄をプロモートする『マグナム体験の旅』のイメージ(写真:Grand Lisboa Hotel)

グランドリスボアホテルが『ロバート・パーカー・ワイン・アドヴォケイト』で高評価を獲得した3銘柄をプロモートする『マグナム体験の旅』のイメージ(写真:Grand Lisboa Hotel)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ半島北部に位置する公設市場で、建物外観の色から「紅街市(レッドマーケット)」の通称で知られ…
  2.  マカオ司法警察局は5月29日、特殊詐欺(電話詐欺)の実行役としてマカオを訪れ、マカオの高齢者4人…
  3.  マカオで複数の統合型リゾート(IR)を運営するSJMリゾーツ社は5月29日、傘下のIR施設に入る…
  4.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月28日、このほど中国旅遊研究院がWeChatの公式アカウントへ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun