マカオ、今年第2四半期の総ギャンブル売上95.5%減の約445億円にとどまる…新型コロナの影響でインバウンド旅客激減

 豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行でマカオのカジノ業界も大きなダメージを受けている。防疫対策の一環として2月5日から19日までの15日間にわたって全カジノ施設が休業したことに加え、書き入れ時となる春節(旧正月)ゴールデンウィークや労働節ゴールデンウィークを含む1月下旬から現在に至るまで厳格な入境制限が実施されている。7月中旬にようやくマカオと広東省の間の水際対策が緩和されたが、条件付きのものであり、個人・団体自由旅行の解禁にはいたっておらず、インバウンド旅客は激減したままだ。

 マカオカジノ規制当局(DICJ)はカジノの再開にあたり、運営会社に対して従業員及びゲストの健康を最大限保護することなどを求めており、ゲストは入場時に検温、マスクの着用、健康申請書の提出が義務付けられる。7月中旬からは新型コロナウイルス核酸検査陰性証明書の提示も条件に加わった。また、ゲーミング(カジノ)テーブル間の距離の確保、テーブルゲームでは隣席を空ける対応(例えばバカラテーブルでは1テーブルに同時に着席できるのは3〜4人)、スロットマシンについても1台または2台おきの稼動と定められ、交差感染リスク軽減が図られている。チップ等のゲーミング用品に対する消毒も強化実施されている。再開したといっても、あくまで限定的ものだ。

 DICJは7月16日、今年第2四半期(2020年4〜6月)の各種ギャンブル統計を公表。

 今年第2四半期の総ギャンブル売上(Gross Gaming Revenue=GGR)は前年同時期から95.5%減の33.17億マカオパタカ(日本円換算:約445億円)、このうちカジノによる売上は95.6%減の32.34億マカオパタカ(約434億円)で、全体の97.5%を占めた。

 カジノ売上の内訳については、VIPルームによる売上を反映するVIPバカラ売上が95.7%減の15.03億マカオパタカ(約202億円)。カジノ売上全体に占めるVIPルームの割合は46.5%となり、昨年第1四半期から6四半期連続で過半数を割り込んだ。一方、マスゲーミング(いわゆる平場)のバカラ売上は96.4%減の10.59億マカオパタカ(約142億円)。マカオのカジノではバカラが圧倒的なシェアを誇り、通常は9割近くに達するが、特殊状況下の今年第2四半期のカジノ売上全体に占めるVIPバカラとマスゲーミングバカラ売上の比率は79.2%にとどまった。一方でスロットマシンの比率が13.4%まで上昇した。

 今年第2四半期時点のカジノ施設数は前年同時期から横ばいの41軒で、稼働中のゲーミング(カジノ)テーブルの数は前年同時期から865台減の5869台、同スロットマシンの数は1万0043台減の7595台だった。ゲーミングテーブルとスロットマシンの台数が大幅減となっている理由については、防疫対策による稼働減によるもの。ただし、いずれも第1四半期末との比較では増加となった。

 カジノ以外の各種ギャンブルの売上については、競馬が33.3%減の0.14億マカオパタカ(約1.9億円)、中国式ロトが25.0%減の0.03億マカオパタカ(約0.4億円)、サッカーくじが64.8%減の0.5億マカオパタカ(約6.7億円)、バスケットボールくじが61.0%減の0.16億パタカ(約2.1億円)など。

ゲスト及び従業員のマスク着用やカジノ用品の消毒強化といった防疫対策を講じた上で営業を続けているマカオのカジノ施設(資料)=2020年3月(写真:GCS)

【資料1】2020年のマカオの月次カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・1月:221.26億マカオパタカ=約2968億円(11.3%減)
・2月:31.04億マカオパタカ=約416億円(87.8%減)
・3月:52.57億マカオパタカ=約705億円(79.7%減)
・4月:7.54億マカオパタカ=約101億円(96.8%減)
・5月:17.64億マカオパタカ=約237億円(93.2%減)
・6月:7.16億マカオパタカ=約96億円(97.0%減)
>1〜6月累計:337.20億パタカ=約4524億円(77.4%減)

【資料2】2013年〜2019年のマカオの年間カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・2013年:3607.49億マカオパタカ=約4兆8394億円(18.6%増)
・2014年:3515.21億マカオパタカ=約4兆7156億円(2.6%減)
・2015年:2308.40億マカオパタカ=約3兆0967億円(34.3%減)
・2016年:2232.10億マカオパタカ=約2兆9944億円(3.3%減)
・2017年:2657.43億マカオパタカ=約3兆5649億円(19.1%増)
・2018年:3028.46億マカオパタカ=約4兆0619億円(14.0%増)
・2019年:2924.55億マカオパタカ=約3兆9225億円(3.4%減)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun