香港の日系企業を狙った詐欺未遂事件が複数件発生…領事館が注意呼びかけ

 今年(2021年)4月、香港の日系企業を狙った詐欺未遂事件が複数件発生していたという。

 在香港日本国総領事館が5月5日午前に現地在住者向けに一斉メールを配信し、事件の概要を伝えるとともに、注意を呼びかけた。

 同館によれば、いずれの件も(ネイティブではない)日本語を使用し,日本本社の代表名を名乗りM&Aの交渉のため指定の弁護士と連絡を取るよう促すものとのこと。また,現法代表が異動した直後を狙ったという可能性もあるという。これまでのところ、実際の被害が生じたとの情報はないが、今後も同様の事案が発生するおそれがあり、注意を要するとした。

 香港の日系企業を狙った詐欺未遂事案の概要は以下の通り。(在香港日本国総領事館配信メールの内容より)

【事案1】
●4月12日に香港法人のオフィスに電話があり、現地社員がとったところ、日本本社の社長の名前を名乗り、「M&Aの交渉を行っているのだが、資金が不足している」「これから言う弁護士のアドレスにメールを送ってほしい」と日本語で話してきた。近くにいた日本人の現法代表が電話を替わり、改めて名前を確認したところ、再度社長の名前を名乗ったが、実際の声とは違うこと、また話し方が日本人(ネイティブ)とは異なることから偽物と判断。そこで、「こちらから本社に確認する」と言ったところ、電話は切れた。電話番号は表示されなかったため、どこからかかっていたのかわからない。
●こうした電話は初めてで、その後はかかってきていない。日本人が聞けば外国人とすぐわかる発音であり、いろいろ問い質すと日本語がしどろもどろになった。現地職員を狙った犯行と見受けられる。

【事案2】
●4月13日、香港法人の財務担当(日本人)に直通で電話があり、日本本社の会長の名前を名乗ってきた。「今役員が集まってM&Aの話をしている。今から言う弁護士に電話をしてほしい」「お前、経理やな」などと関西弁で話すものの、日本人ではないとわかる発音であり、また会長本人とは違う声質であった。そこで改めて本人なのか確認すると、電話は切れてしまった。
●電話機に表示された番号は香港の番号であったが、調べると迷惑電話でよく使われる番号であったことから、海外から香港を経由してかけてきたものと考えられる。

 なお、類似の事件がメキシコやドイツでも2019年頃に起きていることから、他国の日系企業でも起こりうる事件とし、もしこのような電話やメールが来た場合、同館及び本社の担当部署への通知を促している。

香港の町並み(資料)—本紙撮影

香港の町並み(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  2.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  3.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…
  4.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun