マカオ、保護犬・猫の82%が里親へ譲渡…2021年、動物愛護法施行を機に顕著な上昇

 マカオ市政署(IAM)は1月25日、昨年(2021年)に同署が管轄する市政犬舎が市中で捕獲または同署へ持ち込まれるかたちで保護した犬・猫のうち、671匹が里親へ譲渡されたと発表。

 同署によれば、里親へ譲渡された保護犬・猫の数が同年の保護動物全体に占める割合は82%で、5割以下だった動物保護法施行(2016年9月)以前から顕著な上昇だったという。また、獣医の判断を経て安楽死となった動物の数は111匹で、同法施行前の4割超から約1割まで下落したとのこと。

 なお、市内の多くの市政公園において長期にわたって野良猫などに餌をやり、後片付けをしない人が散見され、苦情が相次いでいることも明らかにした。同署では、食べ残しの餌が異臭や虫の発生につながるため、毎日専門の清掃スタッフを手配しており、処理量は年間5トンにも達したという。

 同署では、地元動物愛護団体と協力して、市民に対する意識向上の取り組みを進めている。

保護犬に対するボディチェックの様子(写真:IAM)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ初となる本格的な軌道系大量輸送機関として、2019年12月にマカオLRT(Light Ra…
  2.  マカオの食品安全行政を管轄する市政署(IAM)は6月1日、同署が定例実施する食品に対する無作為検…
  3.  マカオ航空日本支社によれば、きょう(6月1日)から同社成田路線(マカオ出発便)のビジネスクラスで…
  4.  マカオ政府財政局(DSF)が6月1日に公表した最新統計によれば、今年(2023年)5月前半の住宅…
  5.  モータースポーツの祭典として国際的知名度も高いマカオグランプリをテーマにしたミュージアム、マカオ…

ピックアップ記事

  1.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  2.  仏ミシュラン社は4月26日、香港・マカオでも高い知名度と信頼性を誇る人気グルメガイド「ミシュラン…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)「ザ・ヴェネチアン・マカオ」運営会社は5月15日、東京発の国際的な…
  4.  「ハリー・ポッター:ザ・エキシビション(Harry Potter: The Exhibition…
  5.  このほど、ユネスコ「世界の記憶(記憶遺産)」リストに「マカオ功徳林アーカイブと手稿(1645-1…

イベントカレンダー

6月 2023
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 5月   7月 »

月刊マカオ新聞

2023年6月号
(vol.120)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る