マカオ航空が国際線の運航再開計画明かす…日本路線は成田に続き大阪も=水際措置緩和受け

 マカオでは、12月初旬から事実上のウィズコロナに転換となり、各種防疫措置の緩和が進む状況。

 12月17日からは香港・台湾を含む海外からの入境時の隔離検疫ホテル滞在が不要となり、今後さらなる水際措置の緩和も見込まれている。

 マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空は、今年(2022年)10月に約2年ぶりとなる東京(成田)線の運航を再開(週1往復)。このほか、国際線ではハノイ線、台北線が運航再開済みとなっている(いずれも週1往復)。

 マカオ航空の陳洪総経理は12月17日、マカオ国際空港で開催された福州(中国福建省)線の就航式に出席した際、複数の国際路線の再開を計画していることを明らかにした。

 具体的には、年内クリスマス前をめどに大阪(関空)線とバンコク線、来年(2023年)1月に高雄線とソウル線、2月にダナン線、シンガポール線、マニラ線などとし、需要をみて増便も考慮に入れているという。

 今後の見通しとして、コロナ前2019年との比較で中国本土路線を年末前に95%程度、国際線についても来年春以降に90%程度まで回復させたいと述べた。

 マカオ航空は日本との間で唯一の直行定期便を運航する会社で、コロナ前には東京、大阪をそれぞれダブルデイリー、福岡線を週4往復運航していた。

マカオ国際空港に駐機するマカオ航空機(資料)—本紙撮影

マカオ国際空港に駐機するマカオ航空機(資料)—本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局(SSM)は12月4日、2003年の献血者アワード授賞式を開催した際、マカオにお…
  2.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は12月4日、テンセントビデ…
  3.  マカオ保安庁は12月4日午前に会見を開き、今年(2023年)1〜9月の犯罪統計及び法執行状況に関…
  4.  マカオ治安警察局は12月3日、同月2日夜にコタイ地区のカジノIR(統合型リゾート)併設ホテルの客…
  5.  12月3日午後4時頃、マカオタワーでバンジージャンプを終えたばかりの日本人男性(56)が息切れの…

ピックアップ記事

  1.  12月3日午後4時頃、マカオタワーでバンジージャンプを終えたばかりの日本人男性(56)が息切れの…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  マカオ航空日本支社の発表によれば、現在成田路線を週4便(火・木・土・日曜)で運航しているが、今年…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年12月号
(vol.126)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun