マカオ、次期カジノライセンス獲得6事業者のテーブル割り当て数が明らかに…合計6千台

 マカオの次期カジノ経営コンセッション(ライセンス)を獲得した6事業者は12月19日、それぞれのゲーミング(カジノ)テーブル及びゲーミングマシン(スロットマシン等)割り当て台数を明らかにした。

 次期ライセンスを獲得したのはいずれも現行の事業者で、ライセンス期間は2023年1月1日から10年間。次期ライセンスの発効を前にカジノ法が改正され、テーブル及びマシン台数キャップ(上限)が設定された(テーブル6000台、マシン1万2000台)ことから、各事業者の割り当て数に注目が集まっていた。

 各事業者の発表内容によれば、割り当て数は下記の通り(政府発表による入札書の評価点順)。

1. MGM Grand Paradise Limited
・テーブル:750台
・マシン:1700台

2. Galaxy Casino Company Limited
・テーブル:1000台
・マシン:1700台

3. Venetian Macau Limited(サンズグループ)
・テーブル:1680台
・マシン:3700台

4. Melco Resorts (Macau) Limited
・テーブル:750台
・マシン:2100台

5. Wynn Resorts (Macau) Limited
・テーブル:570台
・マシン:1100台

6. SJM Resorts, Limited
・テーブル:1250台
・マシン:1700台

 上の6事業者の割り当て数を合計すると、改正カジノ法で定められた上限数ぴったりとなる。

 最新データによる今年9月末時点のマカオで稼働中のゲーミングテーブル数は5974台、ゲーミングマシンは1万2387台で、概ね規定の上限数そのままといえる。ただし、コロナ禍インバウンド旅客数減に伴う需要減を反映した数字でもあり、コロナ前の2019年末時点ではゲーミングテーブル数が6739台、ゲーミングマシンが1万7009台だった。

 なお、改正カジノ法では、テーブル1台あたりの年間売上(粗収益)下限を700万パタカ(日本円換算:約1億1851万円)、ゲーミングマシンについては同30万パタカ(約508万円)とし、それぞれ下限をクリアできなかった場合は下回った場合には、政府に対して規定に基づく計算方式による差額の支払いが必要と規定している。

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

ゲーミングチップとバカラテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  2.  リード・エグジビションズ社は9月26日、アジアにおけるゲーミング(カジノ)・エンターテインメント…
  3.  マカオ治安警察局は9月25日、ドリンクを購入する際に高額紙幣を出し、店員を急かして混乱させる手口…
  4.  マカオで統合型リゾート(IR)などを運営するSJMリゾーツは9月25日、台湾のIam Creat…
  5.  イタリアの老舗ラグジュアリージュエリーブランドとして世界的に知られる「ブチェラッティ(Bucce…

ピックアップ記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」内に9月8日、新ホテル「W…
  3.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年10月号
(vol.124)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun