外国人ディーラー導入「NO」—行政長官

地元紙が9月27日付紙面で米国系カジノ運営企業がディーラー職の外国人への開放を求めており、すでに採用を始めているなどと報じた件について、マカオ特別行政区の崔世安行政長官は9月30日、マカオのカジノにおいてディーラー及び主任職はマカオ市民のみが就くことができるという原則は不変であることを表明。

会見の場に同席したマカオ政府経済財政司のフランシス・タム司長も、同政策が不変のものであり、一切変更を検討している事実もないことを重ねて表明。どのような経緯でこのようなうわさ話が出てきたか不可解とし、法律に基づいて処理すべき問題があれば対処するので、市民には安心してほしいと語った。

また、フランシス・タム司長によると、マカオ政府としてディーラーの外国人への開放について識者やカジノ運営企業へ意見を求めたことも一切なく、現段階でその準備もしていないとしている。さらに同氏は将来的に1万人のカジノディーラーが必要となると報じられていることに対し、政府は今後10年の間、新規ゲーミングテーブルの増加数を年平均3%以内に抑える方針であることから、根拠不明と一蹴。2015年をめどに検討を開始するのが適切としている。

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ運営コンセッションを結ぶ6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(…
  2.  マカオ金融管理局は2月23日、昨年(2023年)のマカオ特別行政区の財政準備運用状況を公表。 …
  3.  マカオ政府統計調査局は2月27日、昨年第4四半期(2023年10〜12月)及び通期の小売業販売額…
  4.  マカオ政府統計調査局は2月27日、昨年第4四半期(2023年10〜12月)及び通期にマカオで開催…
  5.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月27日、昨年(2023年)11月〜今年(2024年)1月期…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun