マカオ・コロアンビレッジに新たな文化・観光施設が誕生…造船所跡の再開発

 マカオのコロアン島・コロアンビレッジに6月24日、新たな文化・観光施設となる「荔枝碗船廠片區X11-X15(Lai Chi Vun Shipyards – Plots X11-X15)」がオープンした。

 同施設は、20世紀前半に建設され、主に木造船の製造とメンテナンスが行われていた造船所「荔枝碗船廠(Lai Chi Vun Shipyards)」跡地の再開発プロジェクトの一環で、今回オープンしたのはその一部にあたる。

 24日午後にオープニングセレモニーが開催され、ICMの梁恵敏局長はかつてマカオ経済の発展に大きな役割を果たした造船業によって形成された村落コミュニティ形態や水辺と山に囲まれた景観といったマカオでも独特の自然、人文的背景を有する場所であり、再開発にあたってその特徴をしっかり継承した上で新たな機能を盛り込むことを追求したとコメントした。

荔枝碗船廠片區X11会場で開催中の「歲月印記──荔枝碗村的故事」展(写真:ICM)

 今回オープンしたのはX11からX15の5つの区画で、X11区画のエキジビションスペースの開放時間は午前10時から午後6時まで、その他については24時間開放されるとのこと。

 エキジビションスペースでは、木造船の模型やインタラクティブ型の展示を通じて荔枝碗船廠や荔枝碗村の歴史・文化を紹介する「歲月印記──荔枝碗村的故事」展(見学無料)が開催される。また、その他のスペースでは週末及びパブリックホリデーに手工芸品や軽食などを販売するブースが並ぶマーケットの開催、アーティストらによるパフォーマンスの上演などが行われるという。

荔枝碗船廠片區で週末及びパブリックホリデーに開催されるマーケットのイメージ(写真:ICM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月16日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局は7月15日、カジノ強盗を企図した上、混乱の中でカジノ施設の警備員を負傷させたと…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月16日、マカオの今年上半期(2024年1〜6月)のツーリズム市…
  4.  マカオ司法警察局は7月15日、マカオで徒党を組んでスリを行ったとしてインドネシア人のインバウンド…
  5.  マカオ治安警察局は7月15日、マカオでスリによって入手したチケットを転売したとして中国人(中国本…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun