新ホテル「アンダーズマカオ」が大型IRギャラクシー内に開業…同ブランドで世界最大の700室規模

 マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は9月15日、同日ハイアットホテルアンドリゾーツとの提携による新ホテル「アンダーズマカオ(澳門安達仕酒店/Andaz Macau)」がGEGの旗艦IR施設、ギャラクシー・マカオに正式開業したと発表。

 アンダーズは地元の芸術と文化に根ざし、活気に満ちたラクジュアリーなライフスタイルホテルブランドとして知られ、今回がマカオ初進出。アンダーズマカオの客室数はスイートを含めて700室超に上り、同ブランドとして世界最大規模とのこと。博識な骨董商の邸宅からインスピレーションを得たというインテリアと館内に展示される数々のユニークな芸術作品が見どころという。

「アンダーズマカオ」のファサード(写真:Galaxy Macau)

 また、同ホテルはギャラクシーマカオの巨大コンベンション施設「ギャラクシーインターナショナルコンベンションセンター(銀河國際會議中心/GICC)」と直結し、MICEのグループ客に対応する専用チェックインラウンジを用意しているとした。

 客室とスイートの面積は35〜68平米。インテリアはフォレストグリーンとダークオレンジの落ち着いた色調にまとめられ、伝統的な間取りの概念を取り払ったフレキシブルな間取りが特徴とのこと。館内にある宿泊客は長さ19メートルの室内温水プール、最新設備を備えた24時間オープンのフィットネスセンター及びギャラクシーマカオが誇るレジャープール「グランドリゾートデッキ」も利用できるという。

「アンダーズマカオ」の「アンダーズスタジオ」タイプの客室イメージ(写真:Galaxy Macau)

 このほか、館内(いずれも6階)にはオールデイダイニングの「アンダーズキッチン」と「アンダーズバー」の2つの料飲施設が入り、アンダーズキッチンには最大80人収容のイベントスペース「アンダーズスタジオ」を併設するとのこと。

 ギャラクシー・マカオは複数の国際レベルのホテルブランドが一つ屋根の下に集まる世界的に見ても稀有なIR施設となっており、ホテルラインナップはアンダーズマカオのほか、ザ・リッツカールトン・マカオ、バンヤンツリー・マカオ、JWマリオットホテル・マカオ、ラッフルズ・アット・ギャラクシー・マカオ、ホテルオークラ・マカオ、ギャラクシー・ホテルとなっている。

「アンダーズマカオ」のオールデイダイニング「アンダーズキッチン」のイメージ(写真:Galaxy Macau)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  2.  マカオ治安警察局は6月19日、マカオ半島中区の路上のエンリケ航海王子大通りでパトロール中、路上で…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  5.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun