マカオの総体失業率が2.4%まで改善…月給中位数は約33.5万円に=2023年7〜9月期

 マカオ政府統計調査局は10月27日、今年(2023年)7〜9月期の雇用統計を公表。総体失業率は2.4%、マカオ居民(マカオ居民IDカード保有者、いわゆるローカル)に限った失業率は3.1%だった。

 前回調査(2023年6〜8月期)との比較では総体失業率が0.1ポイント(pt)下落(良化)、ローカルの失業率は横ばいで、不完全雇用率は0.2pt下落の1.6%。

 今年7〜9月期のマカオ居住の労働人口は37.83万人、労働参加率は68.2%。就業人口は前回調査から3300人増の36.93万人で、マカオ居民に限ると1700人増の28.68万人。

 失業人口は前回調査から200人減の9100人。新たな職を探す失業者のうち、直前まで建設業、カジノ・カジノ仲介業、ホテル・飲食業に従事していた人の数が多くを占めた。初めての職探しをする人が占める割合は0.4pt下落の12.3%に。

 不完全就業者数は前回調査から800人減の5900人。業界別では、建設業が多くを占めた。

 今年第3四半期の総体失業率(2.4%)とローカルの失業率(3.1%)は、いずれも前の四半期から0.4ポイント下落。就業人口は同7900人増で、このうちマカオ居民が4200人。業界別では、カジノ・カジノ仲介業(7.10万人)、ホテル業(2.61万人)、小売業(3.60万人)の就業人口がそれぞれ2500人、1800人、1500人増。一方、教育(1.88万人)は2000人減。

 今年第3四半期の就業人口全体の月給中位数は1万8000パタカ(日本円換算:約33.5万円)で、前の四半期から1000パタカ(約1.9万円)増。主な業界別の月給中位数は、カジノ・カジノ仲介業が2万0500パタカ(約38.2万円)、建設業が1万5000パタカ(約27.9万円)。マカオ居民に限った月給中位数は横ばいの2万パタカ(約37.2万円)。

 就業調査の統計対象はマカオ半島、タイパ・コロアン島にある住宅の居住者(学生寮や高齢者入所施設等のグループホームを除く)で、域外からマカオへ越境通勤するマカオ居民及び海外労働者は含まれない。出入境資料を元にマカオ居民及び海外労働者の越境通勤者数は約9.50万人と推計され、これを含むマカオの総労働力は前回調査から5000人増の47.34万人。

マカオ政府労工事務局が統合型リゾート企業と合同開催したジョブフェア会場の様子(写真:DSAL)

 マカオでは中国本土に追随してゼロコロナ政策を堅持してきた経緯があり、インバウンド依存度の高いマカオ経済は長期低迷を余儀なくされた。ローカルの失業率は2022年6月中旬から8月初頭にかけてオミクロンBA.5のアウトブレイクが発生し、準ロックダウンを含む極めて厳格な防疫措置が講じられたことと新卒者の労働市場への投入時期が重なったことにより、同年6〜8月期に過去最悪の5.5%を記録。その後、2022年12月初旬から段階的に事実上ウィズコロナへ転換。今年1月8日にウィズコロナへ完全移行し、水際措置が大幅緩和されたことを受け、以降はインバウンド旅客数が急回復し、勢いも持続する中、人材需要にも好影響が及んでいるように見受けられる。

 コロナ禍では雇用の調整弁となる海外労働者が大幅減となったが、インバウンド市場の急回復によりホテル業界等で人材不足が出現したことを受け、このところ海外労働者数は再び増加に転じている。

 マカオ政府労工事務局(DSAL)は定期的にジョブマッチングフェアや青年向けのジョブフェアの開催、職業訓練機会の提供するなど、ローカルの就業支援に継続して取り組んでいる。同局によれば、今年1〜10月までの累計で1万1561人の就職をサポートし、前年通期の1.8倍に相当するとのこと。

統合型リゾート運営企業によるジョブマッチングイベント会場の様子(写真:DSAL)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月22日、いわゆる祈祷詐欺でマカオの高齢者女性から金品を詐取したとして中国人…
  2.  マカオ歴史市街地区の中心に位置する新馬路に面して建ち、1世紀の歴史を持つアイコン的存在の「新中央…
  3.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  4.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  5.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun