マカオ、有機資源リサイクルセンターが2027年完成予定

 マカオ政府運輸工務司司長オフィス(GSTOP)は10月28日、2027年の完成をめどに有機資源リサイクルセンターの建設を進めていることを明らかにした。

 GSTOPでは、マカオ都市固体廃棄物物理・分析研究データでマカオにおける固体廃棄物の3〜4割を廃棄食品が占めていることがわかっており、中長期的に食品廃棄物リサイクルの改善を図るとともに、ゴミ焼却場の負担を軽減するため、コタイ地区の建設廃棄物処理場(埋立地)に有機資源リサイクルセンターの建設を計画しているとのこと。有機資源リサイクルセンターは主要技術として有機廃棄物の嫌気性処理から生成されるバイオガス(天然ガスに似た再生可能エネルギー資源)による発電を採用するという。

 有機資源リサイクルセンター建設プロジェクトはすでに入札を終え、2027年をめどに完成予定とのこと。運用開始後、主に食品廃棄物の分別処理が行われ、初期段階における1日あたりの処理能力は食品廃棄物150トン及びバキュームカーによる汚水(主にレストラン厨房のグリストラップ装置及び建設現場の仮設トイレからの化学汚水)420立方メートルとのこと。有機廃棄物の嫌気性処理から生成するバイオガスをグリーンエネルギー(電力)に変換することで、二酸化炭素排出量の削減につながり、環境保護に貢献できるとした。

マカオの有機資源リサイクルセンターの完成予想イメージ(図版:GSTOP)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は3月1日、今年(2024年)2月の月次カジノ売上(粗収益、…
  2.  マカオは人口約68万人、面積約32平方キロという小さな街だが、世界遺産やカジノを核とした大型IR…
  3.  マカオ政府衛生局(SSM)は2月29日夜、マカオ域内で今年(2024年)初めての輸入性デング熱感…
  4.  マカオ政府統計調査局は2月29日、今年(2024年)1月の商品貿易統計を公表。  今年1月…
  5.  マカオ保安庁は2月29日に会見を開き、昨年(2023年)の犯罪統計及び法執行状況に関する総括レビ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun