マカオ、未成年者の飲酒予防・管理に関する法律が施行に…初日から検挙事案出現

 マカオでは、11月5日午前0時から未成年者飲酒予防・管理制度法(通称「酒類管理法」)が施行となった。

 マカオ政府衛生局(SSM)によれば、同法の施行初日の未明から同局たばこ・酒類対策室とマカオ治安警察局が最初の合同取り締まりを実施したほか、午前8時からは同局の法執行官による定例パトロールもスタートしたとのこと。

 法執行官は小売店、レストラン、未成年の出入りが多い場所を中心として同日午後4時までに164ヶ所をパトロールし、酒類管理法違反でレストラン1件を検挙。当該レストランでは2人の未成年者にアルコール飲料を提供しており、2人の未成年者の通う学校にも通知が行われるという。このほか、SSMが開設したホットラインへ問い合わせが4件、意見の提供が1件寄せられたとした。

 なお、5日午後4時までに未成年に対するアルコール飲料の販売・提供を禁止するサイネージの未掲出及びアルコール飲料広告への警告文未掲載のケースは発見されなかったとのこと。

マカオ政府衛生局たばこ・酒類対策室とマカオ治安警察局による合同取り締まりの様子(写真:SSM)

 SSMでは、施行から16時間のパトロール結果を総括し、法律への理解度と遵守状況は良好で、法執行も順調に行われたとの見方を示した。

 酒類管理法では、すべての未成年者(18歳未満)に対するアルコール飲料(アルコール度数1.2%以上)の販売と提供が禁止され、購入者・被提供者の年齢に疑問がある場合、販売・提供側は相手に身分証の提示を要求することが義務付けられ、相手の年齢を確認できなかったり年齢に疑いがある場合は推定未成年としてアルコール飲料の販売・提供を拒否しなければならないほか、アルコール飲料の販売・提供を行う場所では目立つ場所に所定様式のアルコール飲料の販売・提供を禁止するサイネージを掲出、セルフ式のサービスを採用する場合はアルコール飲料とノンアルコール飲料の陳列ゾーンを明確に分けること、アルコール飲料広告についても中国語、ポルトガル語、英語で警告文を掲載することなどが規定されている。

小売店に対して酒類管理法の説明を行うマカオ政府衛生局の法執行官(写真:SSM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun