マカオ衛生局と旅遊局がトコジラミの認識と予防に関するセミナー合同開催

 マカオ政府衛生局(SSM)では、最近世界各地でトコジラミによる爆発的な被害が発生し、国際観光都市であるマカオでも蔓延リスクがある状況とし、11月初旬から累次にわたって外遊を計画している市民及びマカオのツーリズム業界に対して注意喚起を行っている。

 SSMは11月14日、旅遊局と合同でトコジラミの認識と予防に関するセミナーを2回開催したと発表。観光業、ホテル業、旅行会社、サウナ・マッサージ業などの関係者およそ200人が参加したという。

マカオ衛生局と旅遊局が合同開催したトコジラミの認識と予防に関するセミナーの様子=2023年11月14日(写真:SSM)

 SSMでは、ホテル業界に対して寝具及び大型什器の害虫対策を徹底するよう促したほか、市民に対しても外遊時にベッドやスーツケースにトコジラミが付着していないか注意すること、またトコジラミに刺された後に大きな発疹や重度のアレルギー反応が出現した場合、すぐに医師の診断を受けるよう呼びかけた。

 また、SSMが広く市民及びツーリズム業界に向けて制定したトコジラミ予防ガイドラインについても同局公式ホームページでダウンロードできる状態になったとした。

 トコジラミは日本で南京虫の別名もある。マカオでは中国語で「臭蟲」や「床蝨」と呼ばれる。

マカオ衛生局と旅遊局が合同開催したトコジラミの認識と予防に関するセミナーの様子=2023年11月14日(写真:SSM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun