シエラレオネから空路マカオ入りの男が体内にコカイン入りカプセル隠し密輸図る…末端価格約5900万円相当分

 マカオでは、直近2ヶ月の間にアフリカなどからの経由便を利用して空路マカオに到着した外国人が粉末や液状のコカインを密輸するケースが8件摘発されており、このうち5件がコカインの粉末が入ったカプセルを呑み込んで体内に隠したケースだった。

 マカオ司法警察局では、国際麻薬密売グループによる空路を利用した密輸情報をキャッチし、マカオ国際空港へ向かう航空便の搭乗客に対するチェックを強化して臨む中、12月4日にコカイン入りのカプセルを体内に隠して密輸を図ったとしてアフリカ・シエラレオネ人の自称商人の男(42)を麻薬密売容疑で逮捕し、7日に検察院送致したと発表。

 同局によれば、12月4日午後2時半頃、同局がマレーシアの首都クアラルンプールからマカオ国際空港へ到着した旅客の中からランダムチェックを実施した際、上述の男は携行品の検査はパスしたが、ボディスキャナーでの検査で体内に大量の不審な物品を隠し持っている可能性が浮上し、男は同局の調べに対し、体内に薬物を隠していることを認め、報酬目当てで他人から指示を受けて運んだと供述したとのこと。

 その後、男は搬送先の医療機関で体内からカプセル45粒を排出し、中には約1005.48グラム、末端価格にして約331.8万パタカ(日本円換算:約5933万円)相当のコカインが入っていたという。男は南アフリカのヨハネスブルクでカプセルを受け取った後、ホテルでそれを呑み込み、レーシアを経由してマカオへ向かった説明。マカオ到着後、上からの指示を待つことになっていたが、詳しい供述については拒んでいる模様。

 同局では、今回見つかったコカインについて、10月以降の他の案件と同様に最終輸送先はマカオではないとの見方を示し、犯罪組織がマカオを中継地点として利用している可能性も排除できず、コカインの最終流通先や関係する人物の追跡など捜査を継続するとした。

シエラレオネ人の男によるコカイン密輸事件の証拠品(写真:マカオ司法警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月23日、今年(2024年)1月の訪マカオ外客数(インバウン…
  2.  マカオ政府統計調査局が2月23日に公表した資料によれば、今年(2024年)1月の総合消費者物価指…
  3.  マカオ治安警察局は2月23日、マカオのタクシー車内で拾ったスマホを届け出せずに着服、転売したとし…
  4.  マカオ政府教育・青年発展局(DSEDJ)は2月23日、同日アメリカの元プロバスケットボール選手で…
  5.  在香港日本国総領事館は2月23日、マカオ・コタイ地区の統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオ内…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun