香港国際空港からマカオへの直通バス無料プロモーション実施へ…国際旅客誘致策の一環

 マカオでは、アフターコロナでインバウンド旅客数が急回復し、その勢いを維持している。

 2023年1〜11月累計のインバウンド旅客数はコロナ前2019年の約7割まで回復しているが、マカオにとって第一、第二の旅客ソースとなる中国本土と香港からの旅客が牽引するかたちとなっており、国際旅客については回復が遅れている状況。マカオ政府は2024年の目標として国際旅客数の増を掲げ、各種プロモーションを打ち出す考えを明らかにしている。

 マカオ政府旅遊局(MGTO)は12月31日、香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港珠澳大橋経由の陸路で直通するクロスボーダーバス「澳門香港機場直達(Macao HK Airport Direct)」の運営会社と組み、2024年1月1日から国際及び台湾からの旅客を対象とした「無料直通バスチケット」プロモーションを実施すると発表。

 同局によれば、本プロモーションの対象となる旅客は各地から空路香港国際空港へ到着した後、制限エリア内にある所定の直通バスカウンターで旅行証券(パスポート等)とボーディングパスを提示し、関連資料を登録することで香港国際空港からマカオへ向かうルートの無料チケットと引き換えできるという。なお、本プロモーションの期間中に何度でも利用することができるが、数量には限りがあり、なくなり次第終了するとのこと。本プロモーションに関する問い合わせ先はバス運行会社とした。

 参考までに、直通バスの普通運賃は大人片道280香港ドル(日本円換算:約5000円)。

 同局では、本プロモーションの実施を通じ、国際及び台湾からの旅客に対するマカオ渡航意欲を喚起することで、旅客ソースのダイバーシティを進めたい考えを示している。

国際旅客誘致策の一環として実施される「香港国際空港からマカオへの直通バス無料キャンペーン」の告知フライヤー(図版:MGTO)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  2.  マカオ政府交通事務局は5月17日、同月16日未明にタクシー助手席でのシートベルト着用をめぐるトラ…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  4.  マカオ司法警察局は5月17日、同月16日にコタイ地区のカジノ施設にあるVIPルームを対象に実施し…
  5.  マカオ半島新口岸地区にあるカジノIR(統合型リゾート)サンズマカオ(澳門金沙)がきょう(5月18…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun