ニセiPhone 5Sの路上販売御用―マカオ

マカオ政府税関は7月28日、治安警察局との合同捜査で路上でスマートフォン「iPhone 5S」の商標権を侵害した偽物を販売していた疑いで、同月26日にマカオ北部の祐漢街市付近で中国籍の57歳の男を逮捕したと発表。当局が商品4台を押収し、その後、商標権者代理人による鑑定で偽物であることが正式に確認されている。

税関当局の調べによると、被疑者はマカオへカジノ及びショッピングなど観光目的でマカオを訪れていたというが、マカオで商売を行うため事前に中国国内で当該商品の「仕入れ」を行っていたという。押収されたニセiPhone 5Sは中国本土で760人民元(日本円換算:約12,500円)で購入し、マカオでは1,500パタカ(約19,000円)で販売し、利ざやを稼ごうとしたという。

マカオでは市街中心部や観光地付近で観光目的でマカオを訪れた者による偽ブランド品などの販売が見受けられたが、最近では当局が厳しく監視しているため、別のエリアへ移動しているとみられる。今回の事案が発生した祐漢街市付近は電子部品を扱うショップが多く、人通りも多いエリアであることから、被疑者がニセスマートフォンの販売に適した場所として選択した可能性もある。

当局では市民に対し、街頭で販売している出所不明の商品には手を出さず、必要に応じて税関及び警察に通報するよう呼びかけている。

中華圏ではこういった偽物エレクトロニクス商品のことを「山寨」と呼ぶ。本来の意味は盗賊などが、人里離れた山で立てこもった城塞を指すが、広東省を中心に違法なコピー商品を製造する地下工場のことを指す隠語なり、いわゆる「パクリ商品」を指す単語として使われるようになった。

押収された4台のニセiPhone 5S(写真提供:澳門海關)

押収された4台のニセiPhone 5S(写真提供:澳門海關)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は6月17日、タイパ島にあるマンションのエレベーター内で30代のフィリピン人の男…
  2.  香港特別行政区の李家超行政長官は6月18日午前、香港証券取引所について、今年(2024年)9月2…
  3.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜5月累計の歳…
  4.  マカオ治安警察局は6月13日、公共の街路における賭博行為でローカルの男9人(57〜78歳)を検挙…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)5月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun