悪質タクシー運転手、捜査官にケガ負わす—マカオ

マカオ政府交通事務局は8月26日、マカオ半島新口岸エリアにあるカジノのタクシー乗り場で警戒に当たっていた同局の違法タクシー捜査官が、乗客に対して価格交渉を行った末に乗車拒否を行ったタクシーを発見し、すぐに捜査に取りかかろうとしたところ、捜査への協力を拒否された上、ケガを負わされる事件があったことを明らかにした。

交通事務局によると、ケガをした捜査官は頬骨の亀裂骨折及び軽い脳震とうの症状がみられ、入院が必要な状態という。また、タクシー業界に対し、法律を遵守するようあらためて呼びかけるとともに、今後も積極的に違法行為の取り締まりを行うとしている。

マカオでは悪質なドライバーによる法外な運賃の要求や乗車拒否などが度々発生しており、大きな社会問題へと発展。観光都市としてのマカオの印象を悪化させる大きな要因にもなっている。最近になって一斉検挙を行うなど取り締まりが強化されているものの、現行法では罰則が緩いこともあり予防効果が低い点なども指摘されている。現在、おとり捜査の導入やタクシー営業許可証の停止及び剥奪を含む罰則の強化が盛り込まれたタクシー新法(檢討輕型出租汽車(的士)客運法律制度)に関するパブリック・コンサルテーションが実施されている。

タクシー乗り場(資料)—本紙撮影

タクシー乗り場(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局では、マカオの地域コミュニティの治安環境の浄化による市民と旅客の安全を確保するた…
  2.  マカオの出入境管理を担当する治安警察局は6月22日、SNS等を通じて非居民のマカオ入境時の旅券有…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  4.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  5.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun