マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオフードフェスティバル開幕、過去最大規模=韓国屋台村を誘致

観光2015/11/14 09:13

毎年11月にマカオの観光名所、マカオタワー前の西湾湖広場で約2週間にわたって開催される大型屋台村イベントで、今年で15回目を迎える「マカオフードフェスティバル(中国語:澳門美食節)」が11月13日に開幕した。

マカオフードフェスティバルは地元飲食企業による中国料理、ポルトガル・マカオ料理、東南アジア料理の屋台が多数並ぶほか、毎年特定の国の名物料理を集めた特設コーナーを設定することでも知られる。一昨年はタイ、昨年は日本で、今年は韓国となる。会場の一角に韓国風のデコレーションを施した「韓国村」コーナーを設け、韓国料理をはじめ、パフォーマンスなどを通じて韓国のプロモーションが行われるという。韓国を誘致した理由として、主催者側は昨今の韓流ブームを受けたものと紹介しているが、今夏、韓国で猛威を振るったMERS(中東呼吸器症候群)の影響を受け、マカオと韓国の間の相互往来が減少していることもあり、イベントを通じて巻き返しを図りたい意向のようだ。

主催者によると、今年は過去最大規模での開催となり、ブース出展数は現地企業が122、韓国企業が25とのこと。

第15回マカオフードフェスティバルの会期は11月29日まで。入場無料だが、会場内で飲食する場合には各ブース共通のフードバウチャーを購入する必要がある。

マカオフードフェスティバルをめぐっては、昨年、一部ブースで賞味期限切れの食材を使用していたことが発覚した。主催者側は出展者への説明会などを通じてルール遵守を徹底するよう求めたことを明らかにしている。また、今年は独特の風味を持つ臭豆腐などのほか、犬肉や昆虫といったマカオで食用と認められていないものについても使用及び販売厳禁とすることが通達されたという。

第15回マカオフードフェスティバルの会場を視察する崔世安マカオ行政長官(中央)ら=11月13日、マカオ・西湾湖広場(写真:GCS)

第15回マカオフードフェスティバルの会場を視察する崔世安マカオ行政長官(中央)ら=11月13日、マカオ・西湾湖広場(写真:GCS)


第15回マカオフードフェスティバル開幕式典=11月13日、マカオ・西湾湖広場(写真:GCS)

第15回マカオフードフェスティバル開幕式典=11月13日、マカオ・西湾湖広場(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース