マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ保安当局、公共エリア監視システムに顔認証機能など追加へ

社会・政治11/30 10:33

マカオ立法会では11月29日、来年度(2019年度)の保安分野における施政弁論が行われた。

マカオでは、2016年から公共エリアに「天眼」と呼ばれる電子監視システムの導入が進めらている。

マカオ保安庁の黄少澤長官によれば、天眼の導入は段階的に進めており、これまでに3段階に分けて820セットが稼働済みで、2020年までに第4段階として800セットの追加導入を完了予定。その後の第5、第6段階分についても2019年中に検討、設計を行い、2022年までの導入を目指すとした。

天眼導入から今年上半期までに、1208件の事件において天眼を利用した犯罪捜査を行い、放火、強盗、詐欺、ひき逃げ等の容疑者逮捕に結びつくなど、高い効果があったとのこと。

マカオ保安庁では、来年にも第2、第3段階で導入した天眼のうち100台、第4段階で導入予定の100台について、顔認証と自動車ナンバープレート追尾機能を追加する方針を示した。ただし、自動車ナンバープレート追尾機能については現行法の範囲内だが、顔認証については個人情報保護部門に意見を求め、認可を得るプロセスを経る必要があるとした。

なお、マカオの出入口となるイミグレーション施設については、「なりすまし」などによる不法出入境対策として2011年から顔認証機能が導入されている。

保安分野における2019年度施政弁論の様子=2018年11月29日、マカオ立法会(写真:GCS)

保安分野における2019年度施政弁論の様子=2018年11月29日、マカオ立法会(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース