マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港の18年1〜11月貨物取扱量が前年同期比10%増の3万7600トンに…前年通期上回る…電子商取引急増とカーゴ便回帰で

産業・経済12/07 09:45

マカオ国際空港運営会社のCAMは12月6日、今年(2018年)の年初から12月4日までの貨物取扱量が前年同時期から10%増となる3万7600トンに達し、前年通期の実績を上回ったと発表した。

電子商取引の急増と貨物専用機の回帰が好調の背景にあるとした。目下、マカオ国際空港のカーゴ便については、カタール航空が米国ロサンゼルスとの間に週2便、マレーシア航空とアビアスターがマレーシア・クアラルンプールとの間にそれぞれ週14便、1便運航しているとのこと。

CAMでは、かつてカーゴ便は中継地として台湾等に依存していたが、マカオ国際空港の貨物サービス水準の向上に伴い、誘致に成功したものとの見方を示した。今後、他の航空会社とマニラ、シンガポール、ロシア等とマカオを結ぶカード便の就航について交渉を進めて行くとし、珠江デルタ地域及び地元企業の輸出に際し、より多くの選択肢を提供したいとした。

マカオ国際空港はタイパ島の北東部にあり、ポルトガル統治時代の1995年に開港した。現在、旅客便は東北及び東南アジアとの短距離路線が主で、LCCの誘致に積極的なことでも知られる。近年、旅客数も右肩上がりの増加が続いている状況で、昨年の年間旅客数は対前年8%増、開港以来最多となる延べ716万人に達した。CAMによれば、今年に入って以降も好調を持続していることから、通期で800万人を上回ると見込んでいるとのこと。

マカオ国際空港に駐機中のカタール航空の貨物専用機(写真:CAM)

マカオ国際空港に駐機中のカタール航空の貨物専用機(写真:CAM)


マカオ国際空港に駐機中のマレーシア航空の貨物専用機(写真:CAM)

マカオ国際空港に駐機中のマレーシア航空の貨物専用機(写真:CAM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース