マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、台風4号の影響で漂着ごみ急増のチョクワンビーチが平常状態に戻る

観光2019/07/07 09:33

マカオでは、台風4号(国際名:ムーン)の接近により、7月3日に台風シグナル「3」が発令された。

台風通過後の4日、コロアン島にあるパブリックビーチ「チョクワンビーチ(竹灣海灘)」で大量の漂着ごみが確認され、当局が人手を増やして清掃にあたった。マカオ政府海事・水務局(DSAMA)の発表によれば、6日になって漂着ごみの量は大幅に減少し、平常時の状態に戻ったことが確認されたとのこと。

なお、コロアン島にあるもうひとつのパブリックビーチ「ハクサビーチ(黒沙海灘)」については、目立った異常は確認されていないという。

DSAMAでは、ビーチや海面にごみが溜まっているのを発見した場合には、同局へ通報してほしいと呼びかけている。

7月6日に平常時の状態に戻ったチョクワンビーチ(写真:DSAMA)

7月6日に平常時の状態に戻ったチョクワンビーチ(写真:DSAMA)


台風通過後の7月4日、漂着ごみが急増したチョクワンビーチ(写真:DSAMA)

台風通過後の7月4日、漂着ごみが急増したチョクワンビーチ(写真:DSAMA)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース