マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのIR併設ホテルで発生したぼや、原因はたばこの火の不始末…約1660万円の損害賠償請求へ

社会・政治2020/01/09 09:36

 マカオ司法警察局は1月8日、マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)サンズコタイセントラル併設の高級ホテル、セントレジス・マカオの宴会場のストレージルームで1月2日に発生したぼやについて、原因はたばこの火の不始末だったとし、ホテルの外注先建設会社のスタッフの男(30)を逮捕したと発表。

 警察によれば、現場検証の際、多数のたぼこの吸い殻が見つかったことから、たばこの火の不始末が原因とみて捜査を進めていたという。捜査を進めた結果、ぼや発生直前に火のついたままのたばこを地面に投げ捨て、そのまま現場を離れた男がおり、この男の身元を割り出すことに成功したという。ただし、被疑者は警察の調べに対し、協力を拒否しているとのこと。

 ぼやでは資材の山など約6平方メートルが焼けたが、スプリンクラーが作動し、延焼を免れたという。この影響で、ホテル内にいたおよそ70人が避難を余儀なくされた。

 ホテル側は焼けた資材に加え、スプリンクラーが作動したため宴会場の下の階にある厨房機器の一部が水に浸かるなどの被害も出たとして、損害額を122万マカオパタカ(日本円換算:約1660万円)と警察に報告しており、賠償を求める方針を示したとのこと。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年3月26日発刊 (4月号 vol.082」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース