マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府が新型コロナ経済支援で市民に配布の約4万円分電子商品券、20日間の総消費額は約130億円で支給総額の5割超に…後日約7万円分追加チャージ

産業・経済2020/05/23 09:56

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が世界各地へ拡大し、終息時期が見通せない状況が続く中だが、マカオでは5月22日まで44日連続で新規感染確認がなく、入院患者もゼロとなっており、状況は落ち着いている。

 マカオは人口約70万人、面積約32平方キロという小さな街だが、インバウンド旅客数は年間3940万人超(2019年実績)に上り、アジア有数の国際観光地として知られる。しかしながら、1月後半以降、入境制限を含む厳格な新型コロナ防疫措置が講じられ、インバウンド旅客が激減。インバウンド依存度が高い国際観光都市マカオの経済は大きな打撃を受けている。

 マカオ政府は防疫策と同時に、幅広い層が恩恵を受けるかたちでの民生・経済支援策も打ち出している。このうち、域内での消費を盛り上げ、雇用維持を図るための経済支援策として「電子商品券(Eバウチャー)」が初めて発行され、5月1日から使用開始となった。

 電子商品券の配布対象はすべてのマカオ居民IDカード(日本のマイナンバーカードに近い身分証)保有者で、年齢や所得といった制限は一切ない。事前にオンラインまたは指定のカウンターで申請を受け付け、申込者数は約65.8万人に上った。5月20日までに約59万人が受領したとのこと。

 電子商品券には、3000マカオパタカ(日本円換算:約4万円)がチャージされており、マカオで広く普及するICカード「マカオパス」の端末が設置された地元の飲食店、小売店、生活雑貨店などで使用できる(カジノ、公共料金、マカオ域外との交通機関など対象外あり)。消費期限は5月1日から7月31日までの3ヶ月間、消費額の上限は1日あたり300マカオパタカ(約4000円)までとなる。また、後日、8〜12月分として5000マカオパタカ(約7万円)を追加チャージすることも発表済み。

電子商品券を使った決済のイメージ=2020年5月1日(写真:マカオ金融管理局/経済局)

 マカオ政府経済局が5月22日に公表した電子商品券使用開始後20日間(5月1〜20日)の統計資料によれば、決済件数は908万回超、決済総額は約9.62億マカオパタカ(約130億円)で、支給総額の5割超に上ったとのこと。

 商品券を1回以上使用した人の数は約56.1万人、1人あたりの使用額は1714マカオパタカ(約2.3万円)で、チャージ額の約58%だった。

 業種別の決済額トップは飲食店(全体に占める割合23.2%)で、このうち茶餐廳・粥麺店が決済件数の45.9%、決済額の31.2%を占めた。また、商品券使用者のうち46.1%が茶餐廳・粥麺店での使用歴があった。

 決済額の2位はスーパーマーケット(21.4%)。その他の小売業では、電子・電器販売店(7.8%)、服飾・皮革店(7.4%)、薬品・乾物店(6.6%)、家禽・野菜・肉類販売店及び市場等販売店(5.8%)となった。

 電子商品券のほか、マカオ居民向けの経済支援策では、毎年恒例実施している現金配布(1人あたり約14万円)を当初予定の7〜9月から4〜6月に前倒し実施、家庭用公共料金(電気・水道)3ヶ月間(3〜5月)全額補助、所得税減税などがある。民生支援については、市民が1日1枚のマスクを確実に入手できるようマスク有償配給制度を立ち上げ、現在まで継続実施中。さらに、中小企業や個人事業主を対象とした各種支援策も用意している。マカオにはカジノ税収という特殊な財源が存在し、近年の財政収支は大幅黒字。これまでに余剰金を積み上げ、歳入のおよそ5.8年分にも達する潤沢な財政準備を抱えており、政府は財政準備の一部を活用して新型コロナ対策に臨む方針を示している。

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース