マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの2019年医療統計公表…病床使用率3.9ポイント上昇の78.3%、人口1000人あたりの医師数は2.7

社会・政治2020/06/04 16:05

 マカオ政府統計調査局は6月4日、昨年(2019年)の医療統計を公表。

 2019年のマカオにある入院設備を持つ5つの病院の病床数は前年から24床増の1628床だった。通期の入院患者数は3.9%増の6.2万人(延べ、以下同)で、平均入院日数は0.2日延び7.4日に。病床使用率は3.9ポイント上昇の78.3%となった。

 外来受診者数は5.8%増の189.2万人。内科外来が全体の16.5%を占める31.2万人で最も多く、次いで理学療法・リハビリ科の13.3%の25.2万人。

 救急外来サービス受診者数は5.2%増の48.9万人。このうち、マカオ半島の救急サービス受診者は5.9%増の38.3万人、タイパ島についても3.0%増の10.7万人。手術件数は6.3%増の2.0万件、このうち眼科手術が40.4%増の3997件となり、2年連続で40%を上回った。

 一次医療サービスを提供する公立及び私立のクリニック等の施設数は716軒で、受診者数は4.5%減の411.2万人。公立クリニックに限ると4.7%増の93.9万人だった。

 病院及びクリニックにおける予防接種数は9.5%増の41.6万本。このうち16.1万本がインフルエンザワクチンだった。

 献血協力者数は3.9%増の1万5441人。このうち初回が3369人。

 衛生局のアドミニストレーション資料をベースにしたマカオの医師数は3.1%増の1808人、看護師数は1.1%増の2491人。人口1000人あたりの医師比率は2.7、看護師比率は3.7。

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合醫院(資料)—本紙撮影

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合醫院(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース