マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

「チームラボ スーパーネイチャー マカオ」が6月15日オープン…大型IRヴェネチアン内に常設

観光2020/06/08 19:12

 マカオのIR(統合型リゾート)運営大手、サンズチャイナは6月8日、傘下のIR施設「ヴェネチアンマカオ」で開業準備を進めてきた日本のウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」の体験型デジタルアートミュージアム「チームラボ スーパーネイチャー マカオ」について、6月15日にソフトオープン予定と発表した。

 ロケーションは、ヴェネチアンマカオのコンベンション棟「コタイエキスポ」のL3フロアにあるホールF。天高8メートル、広さ5000平米というスケール感を活かした非常に複雑かつ高低差のある立体的な空間に新作を含むチームラボの作品群を展示するとのこと。コンセプトは「身体ごと没入するミュージアム」。

 入館料はレギュラーチケット(大人)が238マカオパタカ(日本円換算:約3200円)、正午までの入館に適用されるモーニングエントリーチケットと子供料金(3〜12歳)が168マカオパタカ(約2270円)。このほか、各種ファミリーパッケージの設定もある。

 開館時間は午前10時から午後10時まで(最終入館は午後9時15分)。イベントやメンテナンスにより休館することもあるとしており、最新情報は公式サイトを参照するよう呼びかけている。

 サンズチャイナは、同施設をノンゲーミング(非カジノ)要素の重大投資案件のひとつとして位置付けているとした。なお、当初は1月下旬のソフトオープン、2月の正式オープンを予定していたが、新型コロナの影響により延期を余儀なくされていた。マカオは直近2ヶ月にわたって新型コロナの新規感染がなく、域内の状況は落ち着いている。

"Valley of Flowers and People Lost, Immersed and Reborn" 2020, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi © teamLab


"The Infinite Crystal Universe" teamLab, 2018, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: teamLab © teamLab

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年6月24日発刊 (7月号 vol.085」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース