マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府、2020年度予算を3度目調整へ…カジノ税収回復見込み財政準備切り崩し規模は事前想定から縮小

産業・経済2020/11/20 20:26

 マカオ政府経済財政庁の李偉農長官は11月20日に囲み取材に応じた際、2020年財政年度予算案の修正に関する手続きを進めることを明らかにした。

 コロナ禍で主要財源のカジノ税収が激減した上、防疫及び経済対策費用が生じる中、2020年度予算の調整はこれで3度目となる。

 今回の修正案には、財政準備の超額準備分から81.57億マカオパタカ(日本円換算:約1060億円)を切り崩し、補填する内容が含まれる。当初、政府は200億マカオパタカ規模の切り崩しを想定していたが、李長官によれば、9月末までに中国本土との間で往来制限が緩和されて以降、カジノ売上の回復が明確となったこと、公共部門におけるコスト削減を進めたことで、数字を見直したとのこと。また、今年度予算の調整は今回が最後になるとの見通しを示した。

 なお、今年度すでに財政準備から425.98億マカオパタカ(約5537億円)を切り崩し済み。

囲み取材に応じるマカオ政府経済財政庁の李偉農長官=2020年11月20日、マカオ立法会ビル(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース